「やりたいこと」を先送りしてしまう自分が変わる本【書評】

やったほうがいいな、いつかやりたいんだけどな、と思っていることを先送りして、そういえばやらず仕舞いになっていたことありませんか?
私にはそういう経験がよくあります。
そんな自分を変えるために書かれた望月先生の新作を読みました!

タイトルからしてやばいです

「やりたいこと」を先送りしてしまう自分が変わる本

しちゃいますよねー
“ついつい”という言葉が出て来たら要注意だと思ってます

やりたい、やらなければと思っていても先送りしてしまうのはなぜか、
それをどうやって解決していくかを解説し、すぐやる人になるための
テクニックやツールを大公開している一冊です

著者の望月先生の「癒やしの力」については以前に書評をしましたが、
とにかく経験と実績がすごすぎます!
ビジネスパーソンや事業家に限らず、学生や主婦、会社員など幅広い層に
役立つように書かれており、内容もわかりやすい

構成としてはこのようになっており、現状把握から自分と向き合い、理想の未来を作っていくアプローチになっています

第1章:人生の扉は、すべて正解につながっている
第2章:ワクワクが人生の「守備範囲」を決めている
第3章:未来の理想の自分からメッセージを受け取る――ステップ1
第4章:未来の理想の自分と対話する――ステップ2
第5章:未来の理想の自分に会いに行く――ステップ3

私も先日、作成してきた宝地図についても書かれておりますので、
一読してみてはいかがでしょう

#望月俊孝 #「やりたいこと」を先送りしてしまう自分が変わる本 #読書 #本 #書評 #心理 #テクニック #事業 #未来 #宝地図 #ビジョンマップ #オススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください