伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術【書評】

自分のしぐさって意識してますか?
人のしぐさを見ていると、その特徴(癖)に気づくのに、自分となると人に言われないと気づかなかったりしますよね。

そんな自分がどう人に伝わっているかを書いた著書が荒木シゲル先生の「伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術」です!

パントマイムからCGアニメーションのモーションまで

荒木先生はパントマイムなどの体を使った表現におけるスペシャリストの方です!
イギリス王室の御前でのパフォーマンス経験もあるんだとか。
すごいですよね!

現在は「魅力的に見せるしぐさ」、「人から信頼を得るふるまい」など、非言語コミュニケーション表現の解説と指導を専門としていらっしゃいます。

私も先日行われたVRSionUp!5 特集「kawaiiムーブ研究」の会場で初めてお話させて頂きました。
当日はツンとデレの表現の違いや男性的、女性的な振る舞いについてのミニワークショップを行っていただき、とても興味深く面白かったです!

伝わる表現

本書の中でまず言われているのが相手に気持ちが伝わらなかったとしても、それは相手に責任はないということです。
コミュニケーションがうまくいかないと、ついつい伝わらないことに憤りを覚えたり、焦りを感じたりしてしまいますよね。

受け手も相手を理解しようと努めるに越したことはないのですが、あくまで伝える側を主体的に考えた時、何にせよ相手にわかるように伝えなければ意味がありません。「なんでわかってくれないの!?」と責め寄るより相手にどうしたら伝わるか工夫すべきだと思います。

伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術

伝え方には言語で行う言語表現(バーバルコミュニケーション)と言語ではない体や声質などで行われる非言語表現(ノンバーバルコミュニケーション)があることを認識しておく必要があります。
言語表現が同じでも、それ以外の部分から人は感じ、判断しているんだとか。
誰に言われるか、いつ言われるかによって受け取り方も違いますもんね。

つまり、伝えたいことがあるときには何を言うかも大事ですが、それ以上に立ち振る舞いや相手との関係性も考えて伝えることが大事ということになります。

その大切な人の関係性を本書では”ステイタス”として紹介されています。

ステイタスを味方につける

ステイタスとは主に即興劇で使われる専門用語で、出演している登場人物の関係性を表すものです。

例えば、王様、王女様や貴族などはステイタスが高いのに対し、平民や旅人などはステイタスが低い傾向があります。
つまり、ステイタスが高いほうがその場では相手を支配できる立場にあるということになります。
これを現実世界でもコントロールし、伝えやすい状況を作り出したいですよね!

ステイタスを意図的に高くしたり、低くすることで表現に幅が生まれます。
また、その場に適したステイタスもあるため、空気が読める人になることもできるんだとか!

そんなステイタスを心得た表現の仕方についてはぜひ本書をお読みください♪

さいごに

コミュニケーションはどんな人にも必須といえる技術かと思います。
私もセミナーなどで学んではいましたが、より深く自己表現について学べた一冊でした!
荒木先生はSchooでも講座を持たれているので、こちらも要チェックです!

稲葉崇志先生のオフィスがカッコよすぎる件について

著者の方のオフィスに伺う機会ってありますか?
私もほぼまだ経験はありません。
が、先日ついにその機会が訪れたのです!

出会いとチャンスは突然に

『社内プレゼン一発OK!「A4一枚」から始める最速の資料作成術』という本の著者である稲葉崇志先生のオフィスに伺う機会を頂きました!
実は以前、毎月参加している東京社会人アカデミーの懇親会でお会いしたことはあり、とても素敵な方だなーとは思っていたのです。
友人が著書の書評を書いたことをきっかけに先生と知り合い、オフィスに遊びに行けると聞いて私も同行させて頂きました♪

先生の本はとてもわかりやすく、社会人一年目の時に出会っていたらどれだけ助かったことかと思うほど。
私も書評をあげてますので、興味がある方はそちらも読んでもらえたら嬉しいです☆

先生のオフィスは銀座にある有名近代建築、中銀カプセルタワービルにあります!
この建物、ご存知ですか?

中銀カプセルタワービルとは

中銀カプセルタワービルは有名建築家、黒川紀章が設計した昭和を代表する建築物です。
世界で初めて実用化されたカプセル型の集合マンションとして世界から注目され、映画などにも多数起用されています。
現在は老朽化が進んでいるため、かなりノスタルジックな雰囲気が出ているビルに稲葉先生はオフィスを持たれているのです。
それもあって、オフィスに来られる方も多いらしいです♪

実際行ってみた

マンション内は独特の空気感があり、時代を感じる作り、場所が多かったです!
いくつか写真でご紹介

ビルの名前はカフセルタワーヒル?
入り口は重厚な扉
カプセルごとに独立してます
中は螺旋状の階段です
電気メーターもノスタルジック!
カプセルの隙間から差し込む光

稲葉先生のオフィスはかっこいい!

先生曰く、オフィスというより書斎とのこと
確かにわかる!
しかも書斎と言った方がなんかワクワクするのは男の子だなって思います☆
これも写真でご紹介!

椅子すごいですよね
自分もオフィス持ったら、いや、書斎を持ったらどんな部屋がいいか、具体的にイメージできる機会になりました!

サインももらっちゃいました!

TSAで稲葉先生と握手!

稲葉先生は8月のTSAの講師でもあります!
人事のプロである稲葉先生が独立した経緯や今後の働き方について講演していただけるんだとか!
ちなみに独立した経緯などは岡崎かつひろさんのHimarayaチャンネルでも話されています。

最近岡崎さんが初めてYoutubeチャンネル「かっチャンネル」でも拝聴することができます!

どちらも要チェックです!

社内プレゼン一発OK!「A4一枚」から始める最速の資料作成術【書評】

働き方改革のために働く時間を制限する動きが活発になる一方、仕事量は変わらず、むしろやることは増えている人も多いのではないでしょうか。
その時に時間がかかってしまったり、手戻りが発生してしまうのが資料作りですよね。

この資料をいかに早く、的確に情報を伝えられるものにするかについて書かれているのが稲葉崇志先生の著書「社内プレゼン一発OK!「A4一枚」から始める最速の資料作成術」です。

私も資料作成はかなり苦手意識があったので、とても興味深く読ませて頂き、実践することで改善できることがたくさんあることを知りました。
一部をご紹介させて頂きます!

なぜA4にまとめるのか

本書で一番目を引くのがタイトルの「A4一枚」だと思います。
なぜA4なのでしょうか。
それは稲葉先生いわく、「つくりやすく」「わかりやすい」からだそうです。

なるほど。
確かに資料は大きくなればなるほど作るのに時間はかかりますし、読むほうも大きいと理解するのに時間がかかってしまいますよね。
そこをA4サイズの資料にまとめることで、伝えたいことをスマートに伝えられるようになるとのこと。

資料に書くべきことは、承認や実行に必要な協力を判断するために「読み手が知りたいこと」だけなのです。

資料を作るときについついあれこれ書きたくなるんですよね。
これがあったらわかりやすいかな、この情報は必要かな、あー補足しておいたほうがいいかも、みたいにどんどん余計な情報が増えていくんです。

そこを伝えやすい資料にするためには必要最低限の情報だけを書き、最短距離で承認や実行というゴールにたどり着くようにするほうが良いとのこと。

私も文章を断捨離して、伝えたいことが明確になるようにしようと思いました!

提案書は6項目に分けて作る

人は資料を上から下に向けて読むため、一番伝えたいメッセージ(メインメッセージ)は上に、その下にはメインメッセージの根拠を示すことを記載するのがよいとのこと。
提案書を作るときには6つの項目に分けて作るのが良いそうです。

まず上段は以下の三つ。

  • どのような問題が起きていて(背景)
  • 何をすべきなのか(目的)
  • 何が出来るのか(提案)

一段目では読み手に背景理解、提案書の目的確認、提案の受取をしてもらうことになります。
この時点でどのようなことを背景にどうしたいのかがわかるようになりますね。
その次に下の段には以下の三つを記載します。

  • どのように進めるのか(スケジュール)
  • 実行にあたって十分な能力があるのか(体制)
  • クリアしなくてはいけないことは何か(課題)

二段目のキーメッセージでより具体的にしているのがわかると思います。
こう記載してあると承認する側も安心して承認することができますよね。

さいごに

とてもシンプルに資料を作り、得たい承認を取ることに特化した本書。
今後の資料作成時にとても役立つこと間違いなしだと思いました。

他にも資料の作成開始時のデータ収集、設計や作成工程なども記載されています。
今年から社会人になった方はもちろん、資料を読む側としても勉強になる一冊になっています。
より的確に情報を伝え、資料作成の技術を向上させたい方にオススメです!

セカンドID【書評】

小橋賢児さんの著書である「セカンドID」を読ませて頂きました!
成功しているように見える人にも葛藤があり、そこから次の一手を見出すと人はさらに大きな存在になる。
そんな経験を持つ小橋さんの実体験はまさに苦悶を乗り越えた方なのだと、本書を読んで感じました!

断片的に見ると最悪な出来事でも、長い目で見ると、その出来事があったからこそ出会えた景色があり、出会えた人、芽生えた感情がある。

小橋賢児は8歳で芸能界デビューをした後、俳優として「人間・失格」「ちゅらさん」など、数々の作品に出演します。
しかし、多くの作品に出演する中、自分の存在意義について自問自答する毎日を過ごす中で芸能活動を休止することを決断されました。

俳優として成功していても、葛藤することもあれば、別の道に進むくらい追い込まれることもあるのかと衝撃を覚えました。
ただ、小橋さんがすごいのはそこから七転八倒しながらも、自分の感性に従い、行動を起こしてきたことだと思います。

同調圧力の中で育った人々は、自分のアイデンティティもわからないまま、夢ももてず、ただただ現実主義な生き方をしている。

小橋さんは海外生活を送る中、偶然の出会いから映画を撮影することを決断されます。
本人が撮りたいと思ったところから、実際にチームを作り、無理難題を乗り越えながら撮影していったとのことです。
しかも、最初は毎日のように起こるトラブルを悪い方向へとらえていたところから、それを受け入れ楽しむようになってからは、むしろ起こってラッキーと思えるところまでになったとか。
確かに、行動してると毎日何か起こるんですよね。
それをニヤッとしながらどうしたら解決できるか考えるところなど、共感しまくりでした!

やりたいと思ったら、それを実行してみて、形にしてみることはとても大切です。
現代社会で生きていると、早い段階で諦めてしまいたくなるほど、選択肢に溢れています。
でも、そうやって困難を避けるように方向転換を繰り返すと、自分がいいと思う夢に向かう力を失い、世間的によいとされているものばかりを取り入れるようになっていきます。
小橋さんも自分の感性に従い、自分がいいと思える夢に迎えたからこそ、挫折を乗り越えて新たな道に進めたのだと思います。

チームというのは一人ひとりが同じ熱量をもっていないと成立しない。

そんな小橋さんは映画を撮影した後、新しくイベントを立ち上げることを決意されます。
それが「ULTRA JAPAN」
一度は名前を聞いたことがある方も多いはず。
このイベントは小橋さんがアメリカで生活している最中に出会ったイベントを日本で開催したいと思ったことがきっかけになっています。
これを作り上げるのがまたたまたまの出会いと無理難題の解決を繰り返す毎日だったようです。

その時に感じたのがチームを作るときの熱量の在り方だそうです。
何かを創り出すには一人の力ではどうにもできないことがたくさんあります。
そんなときに支えになってくれるのがチームの存在です。
思い描いたものを形にしていく同志がどれほどいるのかによって、出来上がるものの質も向上することは間違いありません。

このチームを創るときに気を付けたいのがメンバーの熱量だそうです。
リーダーは熱くなりがちですし、メンバーは冷めやすいもの。
自分たちが何を考え、どこに向かっているのかを共有し、同じ方向に向かって進んでいけるよう、コミュニケーションを取ることを心がけたいものです。

さいごに

俳優、映画監督、イベントディレクターなど様々な経験を重ねてきた小橋さんが生み出した、まさに人生の記録ともいえる著書。
何か新しいことに挑戦したい、成長して今の自分を変えていきたい方にはぜひ読んでいただきたい一冊です!

本書の出版を記念してきずな出版の定期公演会への登壇も決まっていらっしゃいます。
そちらもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか!

夢、目標の組み立て方

人は行き先を決めてから行動することで、実現したい未来を創っていくことができる生き物です。
行き当たりばったりも楽しいですが、一流のビジネスパーソンとして結果を作りたいのであれば、まずは求めていることを明確にすることは大切なのだと思います。

とはいえ、夢や目標を持ったり決めたりしたことがないと、なかなかどうしたらよいかわからないもの。
ましてやそれさえ決まっていないのにスケジュール何て立てようがないですよね。

そんな方のために夢の見つけ方、目標の立て方など、実践して効果的だったことをご紹介します!

喜怒哀楽リスト

自分が何に感情が動くのかを書き出すことから始めましょう。
小学校から具体的に何に心が動いたのか、動きやすかったのか思い出すことが大切です。

当時の記憶や思い出して出てくる感情など、出てきたことは文章にしてみると、客観的に自分を見つめなおすことができます。
友人とリストを作り、友人の思い出を聞いてて思い出すこともあるので、すかさず追記するようにしましょう。

このワークをすることで、自分が何に興味を持ち、何に感動し、何に怒りを覚えてきたのか、確認することができます。
三つ子の魂は100まで続くと言いますから、多かれ少なかれ、今でも似たようなことに心が動く可能性は大きいです。

夢リスト

自分の感情を思い出して来たら、次は夢リストを書き出しましょう。
自分の心が動くことであることが重要です。
どうせならそれは無理と自分で思ってしまうことのほうがいいです。

例)
甲子園球児になる!
火星に行く!
大統領になる!

まずは100個書いてみましょう。
自分の頭から出てこなくなったら、インターネットで調べてみたり、友人などに聞くのもよいと思います。
自分がいいなと思うこと、わくわくすることであることを大切に。

100個書けたら具体的に内容やかかる金額、期間、必要な人材など、実現に向けて動いてみてください。
意外とできるんじゃないかと思えることも多いはずです。

夢の質について

その中でも外的要因による夢なのか、内的要因から出てきた夢なのかを切り分けてみましょう
内的要因で出てきた夢のほうが自分から行動したくなるので、優先度は高くなります。

夢は大きくても小さくても、どちらでも構いません。
むしろ、大小あるといいと思います。
最初は自分に関わる夢が多いかもしれません。
逆もまたしかり。
個人、コミュニティ、地域社会のどこまで影響があるかの確認をして、今の自分がどこまで自分の範囲だと認識しているかを把握するようにしましょう。
最初は自分が動きやすい範囲で構いませんが、夢を描くことに慣れてきたら範囲を広げていきましょう。

目標設定

目標設定は夢を実現するためのプロセスです。
最初の目標はできるだけ小さく、1日で実現できることを選ぶとよいでしょう。
1日で実現できることを計画し、実行し、達成する。
達成できなければ、どうしたら達成できるかを考え、翌日再度挑戦する。
大事なのは決めた目標は何度挑戦しても構わないので達成することです。

また、夢や目標はぜひ友人に共有するようにしましょう。
自分が言うことで自分に腑に落ちますし、友人にとってもいい機会になるはずです。
そうやって話す中で友人の夢も収集すると、自分の夢もより広がり、同じ目標に向かうチームが出来上がっていくものです。

さいごに

ぜひ夢、目標を持てる大人になりましょう。
今の若い世代は現実的になりすぎています。
人は無茶なことを考え、笑い、それって面白いと思って創り出すことができる生き物です。
描いたら後は実現するだけ。
やればできる!

いまの職場、ラスト3ヶ月【書評】

1万円をリアルにシュレッダーにかけたことがありますか?

とても衝撃的な話題からスタートします。ドキッとしますよね。

もちろん私も1万円札をシュレッダーにかけたことはありません。

が、本作を読むと、自分にとっての価値そのものを見直すいい機会になることは確かだと思います。

命の数値化

1万円札をシュレッダーにかけたことはありませんが、いまの時間の使い方はそうなっているかもしれません。

そう総警鐘を鳴らすのが、本作の著者である渋谷文武先生。

北海道を拠点として就活コンサルや著者として活動されております。大学などでも精力的に講演活動をされており、 2019年4月にはきずな出版定期公演会でも登壇されている超認識講師です!

そんな渋谷先生は超多忙な中でも多くの方と話し、寄り添うことができるほどの余裕もお持ちに感じることができました。

それは時間の使い方に違いがあるのだと思います。

仕事量の増やし方

仕事と聞くと嫌な感じがする方も多いかもしれませんが、自分にとって効果的なことをすることととらえてもらえればよいと思います。

そんな時間をどう増やすのか、著書の中にあるこんな言葉が勉強になります。

いまからやる。毎日やる。3か月やる。それが正解です。 毎日5分でもOKです。とにかく、いますぐやってください。

いまの職場、ラスト3ヶ月

あれこれ悩んでいる時間がもったいないとのこと。仕事のできる人は判断も対応もとにかく速いですよね。とにかく毎日少しでもいいから続けることが大切とのことです。

本当にできるのか、あとでやろうかな、いろいろ考えることがありますが、結局今すぐやったほうが早いんですよね。

自分も気を付けようと思っていることの一つです。

コミュニティの作り方

渋谷先生はとても人とのつながりを大切にする方としても有名です。

元々は人とのかかわりが苦手だったとおっしゃっていましたが、一つずつ工夫をすることで解決したとおっしゃっていました。

本の中でもこう話されてます。

いつでもできる。いつでも会える。そんな思いが無意識にあるから、私たちは適当に人と接するし、仕事もするようになるのです。

いまの職場、ラスト3ヶ月

ついつい目の前にいる人はいつまでもそこにいると思ってしまいがちです。

が、しかし、そんなことは永遠に続きません。その瞬間、その瞬間を大切にし、集中していきたいと改めて思い、行動を改める機会になりました!

さいごに

自身の経験から時間の大切さを真摯に語られる渋谷先生は本当に魅力的な方でした!

まだ読んでいない方は本作を一読することオススメします。

これからも応援し、注目していきます!