セカンドID【書評】

小橋賢児さんの著書である「セカンドID」を読ませて頂きました!
成功しているように見える人にも葛藤があり、そこから次の一手を見出すと人はさらに大きな存在になる。
そんな経験を持つ小橋さんの実体験はまさに苦悶を乗り越えた方なのだと、本書を読んで感じました!

断片的に見ると最悪な出来事でも、長い目で見ると、その出来事があったからこそ出会えた景色があり、出会えた人、芽生えた感情がある。

小橋賢児は8歳で芸能界デビューをした後、俳優として「人間・失格」「ちゅらさん」など、数々の作品に出演します。
しかし、多くの作品に出演する中、自分の存在意義について自問自答する毎日を過ごす中で芸能活動を休止することを決断されました。

俳優として成功していても、葛藤することもあれば、別の道に進むくらい追い込まれることもあるのかと衝撃を覚えました。
ただ、小橋さんがすごいのはそこから七転八倒しながらも、自分の感性に従い、行動を起こしてきたことだと思います。

同調圧力の中で育った人々は、自分のアイデンティティもわからないまま、夢ももてず、ただただ現実主義な生き方をしている。

小橋さんは海外生活を送る中、偶然の出会いから映画を撮影することを決断されます。
本人が撮りたいと思ったところから、実際にチームを作り、無理難題を乗り越えながら撮影していったとのことです。
しかも、最初は毎日のように起こるトラブルを悪い方向へとらえていたところから、それを受け入れ楽しむようになってからは、むしろ起こってラッキーと思えるところまでになったとか。
確かに、行動してると毎日何か起こるんですよね。
それをニヤッとしながらどうしたら解決できるか考えるところなど、共感しまくりでした!

やりたいと思ったら、それを実行してみて、形にしてみることはとても大切です。
現代社会で生きていると、早い段階で諦めてしまいたくなるほど、選択肢に溢れています。
でも、そうやって困難を避けるように方向転換を繰り返すと、自分がいいと思う夢に向かう力を失い、世間的によいとされているものばかりを取り入れるようになっていきます。
小橋さんも自分の感性に従い、自分がいいと思える夢に迎えたからこそ、挫折を乗り越えて新たな道に進めたのだと思います。

チームというのは一人ひとりが同じ熱量をもっていないと成立しない。

そんな小橋さんは映画を撮影した後、新しくイベントを立ち上げることを決意されます。
それが「ULTRA JAPAN」
一度は名前を聞いたことがある方も多いはず。
このイベントは小橋さんがアメリカで生活している最中に出会ったイベントを日本で開催したいと思ったことがきっかけになっています。
これを作り上げるのがまたたまたまの出会いと無理難題の解決を繰り返す毎日だったようです。

その時に感じたのがチームを作るときの熱量の在り方だそうです。
何かを創り出すには一人の力ではどうにもできないことがたくさんあります。
そんなときに支えになってくれるのがチームの存在です。
思い描いたものを形にしていく同志がどれほどいるのかによって、出来上がるものの質も向上することは間違いありません。

このチームを創るときに気を付けたいのがメンバーの熱量だそうです。
リーダーは熱くなりがちですし、メンバーは冷めやすいもの。
自分たちが何を考え、どこに向かっているのかを共有し、同じ方向に向かって進んでいけるよう、コミュニケーションを取ることを心がけたいものです。

さいごに

俳優、映画監督、イベントディレクターなど様々な経験を重ねてきた小橋さんが生み出した、まさに人生の記録ともいえる著書。
何か新しいことに挑戦したい、成長して今の自分を変えていきたい方にはぜひ読んでいただきたい一冊です!

本書の出版を記念してきずな出版の定期公演会への登壇も決まっていらっしゃいます。
そちらもぜひチェックしてみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください