きずな出版定期講演会(講師:小橋賢児)

2019年7月のきずな出版定期講演会に参加してきました!

今回の特別講師は俳優業から映画監督の経験を経て、超有名音楽イベントを立ち上げた小橋賢児さんでした!
とても幅広く、多彩な経験を通して小橋さんが考えている大切なことについて、きずな出版の小寺編集長との対談形式で語られた言葉の中から、印象的だったことをご紹介致します♪

何気なく小橋さんがおっしゃった一言ですが、これが全てを物語っていると思いました。
予定調和で想定できる物の中にイノベーションは生まれないとのこと。

ワクワクすることが見つからないという人も多いのだけど、きっと今の自分の枠の中にいるからそう思うだけ。
自分の枠を出て、やったことがないこと、非常識な世界を体感すると、次に何が起こるかワクワクするようになる。
それがたとえ都合の良くないことだったとしても。

自分が新しいことに挑戦しているか考え、行動したくなる言葉でした!

いいこと、悪いこともたくさん起こるのだけど、それをどう捉えるかが大切なのだと。
一見自分にとって都合の悪いことでも、点と点をつなぎ合わせることで後から見ればよかったことになることはたくさんある。

そりゃその時はクソって思っても思考実験をして、この先こんなことに繋がるかもと思うだけで、ワクワクする経験になる。
それが会社のリストラや友人とのいざこざ、骨折だったとしても。
よくないことを後に引きづらなくなったのがとても大きいとおっしゃっていました!

捉え方ってとても大切ですよね。
いいことはそれに喜んだらいいし、そうでない物も起こってよかったと思えるようになったら、人生とても前向きに頑張れると思います。
もっと一つ一つの自分に起こっていることをよく見て、感じ、次に繋げていきましょう!

自分が感じた違和感や鳥肌が立つような経験からイノベーションは生まれることを体感されてきたとのことです!
これってなんだろう、とか、これやばい!みたいな感覚が大切なのだと。

大きなことを望んだり、誰かの成功を夢見ることが多いのだけど、それを見て頑張るとたどり着くまでにとてもしんどい。
なんなら大抵の人はたどり着かない。
でも、足元にある一つ一つの経験を大切にし、今の自分から見て、感じることから心を動かし、行動するといい方向に進んでいける。

自分が感じることは自分にとっての成功へ繋がっていると思います。
自分にとっての成功を描き、友人と分かち合いながらお互い協力して、実現していける人って素敵ですよね!

最後に

サインももらっちゃいました♪

お会いするまでは芸能関係の方なので、どこか普通でない近よりがたい方なのかなと思っていましたが、とても紳士的かつユーモアに溢れる魅力的な方でした!

小橋賢児さんの著書「セカンドID」からでもその幅広い経験を感じ、学ぶことができます!
ぜひ読んでみることをオススメします!

来月の講演会も楽しみです♪

稲葉崇志先生のオフィスがカッコよすぎる件について

著者の方のオフィスに伺う機会ってありますか?
私もほぼまだ経験はありません。
が、先日ついにその機会が訪れたのです!

出会いとチャンスは突然に

『社内プレゼン一発OK!「A4一枚」から始める最速の資料作成術』という本の著者である稲葉崇志先生のオフィスに伺う機会を頂きました!
実は以前、毎月参加している東京社会人アカデミーの懇親会でお会いしたことはあり、とても素敵な方だなーとは思っていたのです。
友人が著書の書評を書いたことをきっかけに先生と知り合い、オフィスに遊びに行けると聞いて私も同行させて頂きました♪

先生の本はとてもわかりやすく、社会人一年目の時に出会っていたらどれだけ助かったことかと思うほど。
私も書評をあげてますので、興味がある方はそちらも読んでもらえたら嬉しいです☆

先生のオフィスは銀座にある有名近代建築、中銀カプセルタワービルにあります!
この建物、ご存知ですか?

中銀カプセルタワービルとは

中銀カプセルタワービルは有名建築家、黒川紀章が設計した昭和を代表する建築物です。
世界で初めて実用化されたカプセル型の集合マンションとして世界から注目され、映画などにも多数起用されています。
現在は老朽化が進んでいるため、かなりノスタルジックな雰囲気が出ているビルに稲葉先生はオフィスを持たれているのです。
それもあって、オフィスに来られる方も多いらしいです♪

実際行ってみた

マンション内は独特の空気感があり、時代を感じる作り、場所が多かったです!
いくつか写真でご紹介

ビルの名前はカフセルタワーヒル?
入り口は重厚な扉
カプセルごとに独立してます
中は螺旋状の階段です
電気メーターもノスタルジック!
カプセルの隙間から差し込む光

稲葉先生のオフィスはかっこいい!

先生曰く、オフィスというより書斎とのこと
確かにわかる!
しかも書斎と言った方がなんかワクワクするのは男の子だなって思います☆
これも写真でご紹介!

椅子すごいですよね
自分もオフィス持ったら、いや、書斎を持ったらどんな部屋がいいか、具体的にイメージできる機会になりました!

サインももらっちゃいました!

TSAで稲葉先生と握手!

稲葉先生は8月のTSAの講師でもあります!
人事のプロである稲葉先生が独立した経緯や今後の働き方について講演していただけるんだとか!
ちなみに独立した経緯などは岡崎かつひろさんのHimarayaチャンネルでも話されています。

最近岡崎さんが初めてYoutubeチャンネル「かっチャンネル」でも拝聴することができます!

どちらも要チェックです!

健康な体と心の作り方(講師:堀田教之)

健康についてどの程度意識して普段生活されていますか?

食事には少し気を付けよう、運動はしたほうがいい、などあるかと思います。

痩せたい、元気でいたい、思うことはできてもなかなか普段の生活から変えていくことは難しいものですよね。

こういうことは専門家にぶっちゃけどうするのがいいのかを学ぶのが一番!

ということで、堀田教之さんのセミナーに参加してきました♪

堀田教之さんって誰?

堀田さんはボディメイクと筋トレのコンサルを中心に、人と人のつながりから新しい価値を創造することを理念としている株式会社シックスパックの代表取締役の方です!

新薬の開発や薬剤師などの経験を元に経営をされているため、健康について薬学の観点からもアドバイスできるスペシャリストでもあります。

本人自身もボクサーを目指していたことがあり、筋トレで鍛え抜かれたいい体をしています。

プライベートでは汐留はイタリア街にオフィスがあるため、近場の飲み屋街である新橋に詳しいため、新橋コンシェルジュとも呼ばれているとか。

ダイニングバーの共同経営もされていることから、バーテンダーとしても活躍しております。
なんかすごいですね!

何事も目標設定が大事!

さて、そんな堀田さんの話では、健康な体を手に入れるためにも、まず目標の設定が大事になるとのこと。
健康な体を手に入れるために食事制限をしたり運動するのはあくまで過程でしかないため長続きしないんだとか。
また、どうなりたいか次第でアプローチも変わるため、まずどうなりたいか、どんな経験がしたいかを具体的に考えてみましょう。

痩せて海に行きたいでしょうか、それともマラソンのイベントなどで優勝したいでしょうか。
自分がいいなーと思ってワクワクする理由を創ると長続きしやすいようです。

健康の定義とは

ここまで書いてきましたが、健康ってどのような定義なのでしょうか。
体や栄養などに関わることを想像する方が多いかと思いますが、健康で大事なのは「心身ともに」だそうです。
そう!心も併せて考える必要があるんです。
体に異常はないけど、精神的なことになると自信がなくなる方もいるのではないでしょうか。

心が健康的かどうかを考える時に指標となるのは、以下のようなことのようです。

  • 自分らしく生きられているか
  • 自分の感情を我慢することなく表現できているか
  • 前向きな感情(楽しい、ワクワク)を持っているか
  • 問題、課題をスムーズに解決に導けるか
  • 周囲と友好的な人間関係を築けているか
  • 人生の目的や意義を持っているか

心も健康的か、気を付けてみると、より健康に近づくことができそうですね。

健康でいるために

何か新しいことを始めよう!と思っても長続きしないため、習慣化するのが一番だそうです。
それも意識しなくてもやってしまうようなこと。
極端な例を出せば、運動したいなら運動する職に就くこととか。
引っ越しのバイトしたら半年もしないうちに体格よくなったという人も多いのではないでしょうか。
今ならUberEatsのバイトで自転車をたくさん漕ぐのも一つの選択肢ですよね。

それはなかなか難しいということでしたら、仲間を作るのがオススメです。
自分一人だとやめてしまうことも、人との約束があるとやらねばと思うことも多いと思います。
ランニングに週一回友達と行ってみるのはいかがでしょうか。

最後に

大きな実績を持つ経営者の方は健康をとても重要視するようです。
若いうちから健康を維持できるように心がけ、より長く最前線で人生に挑戦していきましょう!

SOC(首尾一貫感覚)ってご存知ですか?〜ストレスマネジメント〜

平日の夕方から放送している東京FMのスカイロケットカンパニーの中のコーナーで現代社会ではSCOが大切という話題が出ていました。
SCOってご存知ですか?

SCOとは

日本語にすると「首尾一貫感覚
いいことばかりじゃないけど、世の中捨てたもんじゃないなって感覚とのこと
ピンと来ますか?
ストレスマネジメントの業界で生まれた言葉のようです。
もう少し詳しく説明すると以下のようなことになります。

SOC とは「Sence of conherence」の略。直訳すると「首尾一貫感覚」となり、 ユダヤ系アメリカ人の医療社会学者アーロン・アントノフスキー博士により提唱された考え方です。

ストレスに打ち勝つための5つのポイント

これでもちょっとピンと来ませんね。
これは3つの感覚から成り立っていると言われています。
どれも日常生活には大切なこと。

有意味感……仕事や日々の生活、すべての物事に意味ややりがいを感じる
把握可能感……自分の置かれている状況、自分の置かれるであろう状況がわかる( 先を見通しながら、今の現状を見る)
処理可能感……なんとかなる、なんとかやっていける、自分は大丈夫という感覚

ストレスに打ち勝つための5つのポイント

つまり、日常の中にやりがいを覚えたり、今いる状況を把握し、なんとかやっていけると思えたりする感覚ということですね。

どんなメリットがある?

このSOCを育てることでどんなメリットがあるのでしょうか。
それは心的ストレスを軽減、もしくは回避できるようになるとか。
確かに、生きることにやりがいを感じ、困難をどうにかなるかと受け入れられたら、余計なストレスも感じなさそうですよね。

これを習得することでストレスタフになり、よりハッピーな毎日を送ることができそうです。
しかも、厳しい訓練や生まれながらのものではなく、自分で育てることができるもののようです。
ではどのように育んでいけば良いのでしょうか。

SOCの育みかた

この感覚は5つのことを実践することで育まれていくようです。
1.挨拶をする
2.人を好きになる
3.悪いと思ったら謝る
4.誰かが困っていたら助ける
5.自分が困った時にはSOSを出す

当たり前のようなことですが、こういうことからどうにかなると思える感覚が養われるんですね!
確かに、意識してやることで、自信につながることが多いと思います。
また、人との関わりを円滑にすることでもあるので、コミュニティの中で生きているということを腑に落とすことが目的なのかなと思いました。

人は誰しも一人では生きていけないもの。
ちゃんとコミュニティの中で生きているという自覚と、そのコミュニティに頼って良いという感覚がSOCなのかもしれません。

終わりに

SOC、身についているでしょうか?
40代を超えてからの自殺のはほぼ孤独が原因とのこと。
まず自分の身の回りを確認し、手の届く範囲のことを大切にしながら、自分と周りにいる人、社会を豊かにしていきましょう!

夏の思い出をまとめてみた!

次世代に愛として貢献することをテーマに、フリーランスでエンジニアやイベント開催をしているとみーです。
この数か月でいろいろあり、バタバタしていた日々がすこし落ち着きを取り戻しました。
環境の力ってすごい!

細かくはまた別の記事で書こうと思いますが、どんな夏だったかを振り替えってみます。

1.モテワンコンテスト2018

今年も行ってきましたモテコン!
お笑い、美男美女、ヒューマンビートボックスなど、各部門のNo.1を参加者と視聴者で決めていくイベント!
情熱注いでチャレンジしている人を応援できるって楽しいですね^-^

2.富士山0合目から往復登頂!

昨年もいってきた富士山に夏登ってきました!
今回はご来光と星野写真を目的に上ったのでカメラと三脚を背負ってのチャレンジ!
本当にしんどかった。
雲海はめっちゃきれいでした!

3.無人島バーベキュー

富士山から降りてきた翌日に神奈川県は猿島でバーベキューしてきました!
水着がまぶしいぜ☆
私は体力尽きてビール飲んで寝てました!

後日、友達からは体力モンスターと呆れられました^^

4.長崎のあんでるせんで摩訶不思議を体験!

長崎に「4次元パーラーあんでるせん」という喫茶店があります。
ここが何のせ摩訶不思議!
お札が浮くし、名前当てられるし、ルービックキューブが瞬間でそろうし、もうわけわかんないです!
一泊二日の弾丸ツアーでしたが、めっちゃ楽しかった!

あんでるせんの最前列は三か月前から満席になるので、友人が何度も電話をかけ、取ってくれた機会でした!
ありがたい!

5.リアル山手線ゲーム

山手線を1周歩いてきました!
なんとなくやりたいなと思いながら先延ばしにしていたことをやってきました
友人を巻き込んでね。

設定した目標に熱が入らず、なんとなく過ごすようになっていたのです。
外的要因から設定した目標とか思いつく夢って「あったらいいね」止まりなんですよね。
このままじゃいかんなーと思って内的要因から来る自分にも耳を傾けてみようと思って出てきたことがこれ。
ケーキのホール買いとか小さいときしてみたかったじゃないですか。
そんな感じです。

やってみてすごくよかった!
自分を成功に導くためにはリアルな変化も大切なようです。
11月にはイベントとして開催するので、今から楽しみです☆

直近でのイベントはこんな感じですかね。
またちょこちょこ雑記していくので、たまに見ていただければ幸いです!

モテる男になる!(メンタル編)

前回から何回かに分けてモテる男性になるため、まずはアプローチをした際の成功率の上げ方についてつづっている
今回はその第二弾

モテるために最も重要なこと

まず押さえておきたい重要なこと
それはメンタル(考え方)だ
仕事でもプライベートでも、精通して成果を出すためには成果というものの成り立ちを理解しておく必要がある
ここら辺について書かれている書籍としておススメなのは下記の二冊

[amazon_link asins=’4866630191,4763195433′ template=’ProductCarousel’ store=’touchknowtommy-22′ marketplace=’JP’ link_id=’c690cf91-7900-11e8-8cad-178b1ee0ea17′]

成果とは

成果とは下記のような式で表現することができる

成果=やり方×やる量×やる前提

今回でいえばモテるという成果を出すことが目的である

やり方はいくらでもあるし、効果的かどうかはあるものの意味のないこともないことから0~100の値と考えられる
やる量もどれだけモテるために時間と労力をかけることが出来るかということから0~100の値といえる

問題はやる前提である
これは「あり方」「人格」などとも言えると思う
前提ももちろん0~100があるのだが、これには効果的でない前提もあるため-100~0の場合もあり得るのだ
そう、ここがマイナスだと何をやってもうまくいかない

つまり、モテることも含め、何かをうまくいかせたいなら、それに効果的な前提(メンタル)を育てる必要がある

どんなメンタルがモテるのか

では、どのようなメンタルを持つことでモテるようになるのか

①人、環境のせいにしないこと

モテない人に多いのはモテない自分を変えようとしないことにある
今の自分を好きになってほしい、逆シンデレラパターンである

人としてはいい人でもモテない人はたくさんいる
逆に人としてはちょっとアクが強かったりしても、モテる人はモテる

そんなモテる人は時代や場所に合わせて自分を変化させ、成長させている
それは自分を無くすということではない
いいところを伸ばし、新しい技術、話題を取り入れ、自分の考えで自分を成長させていくのだ

環境、人からのフィードバックを真摯に受け止め、成長の糧にしていこう

②正直(素直)であること

ついつい自分にとって都合の悪いことが起きると嘘をついたり、課題を避けようとしてしまうもの
女性からモテたいと思って努力をしようと思っても、そこまでしなくてもいいのではと思いがちである
そこまでしなくてもいい人が現れるのではないかと

これは慣性の法則に基づいた元の自分へ戻る修正からくる考えなので要注意である
人にしても物事にしても、元の安定した状態から変化するときには負荷が必要である
このとき安定した状態に戻る力がかかっているのだ
(その力が働いているから安定できるという見方もできる)

モテる人になるためには、モテない自分を認め、そこに戻らないと決めるか、モテてないのがおかしいと不安定な状態にするかの二択しかない
自分の願望に素直になって、課題と向き合おう

③一貫性を持つ

一度、変わるための努力を始めると、隣の芝が青く見えてくるのはよくあることである
このやり方でいいのかな、もっといい方法があるのではないかと

確かにあるのかもしれない
が、どれが最適かもやってみないとわからないし、そんなことを気にしてもキリがない
そのやり方でうまくいっている人がいるなら、まず身につくまでやってみることである
何かを身につけようと思ったら身につくまで徹底的にやりこむことが大切である

女性からモテることに近道はない
一歩ずつ成長していこう

最後に

モテる人は結局モテる考え方をしているのだ
成果は考え方のクセで決まるという

次回はそんなメンタルを手にするために自分一人でまず出来ることについて書いてみようと思う

モテる男になる!(前置き)

男性、女性ともにモテない人であるよりモテる人でありたいと思うもの
特に男性は雑誌の裏にあった札束と美女に囲まれた絵に心動かされたことがある人も多いのでは
そこまではいかずとも、実際にモテる人はどのようなことを大事にしているのか
モテたい一心で努力を重ねてきた経験からモテる男性について書いてみたい

そもそもモテる人はいるのか

ここでいう「モテる」は

    • 複数の女性から定期的(月に1度程度)アプローチがある
    • 自分からアプローチした場合(その日限りも含む)の成功率が高いこと

と定義しよう

本人にモテる意識、モテたい願望があるか、それが元で問題が発生しているかは気にしないことにする

そうした時のモテる状態にある人は実際結構いる
私の友人にもなんだかんだ女性からのアプローチが多い人がいる
うらやましい
この状況になる人は下記の特徴があるように思う

  1. 顔面が特にイケメン
  2. めっちゃすごいステータスがある
  3. パーフェクトボディ

個人的なひがみも入っている気がするが、ずば抜けたイケメンやステータス、肉体美は本能に訴えかけるものがあるらしい
では生まれ持った美も乏しく、ステータスもない一般男性はどうすればよいのか

もちろんどんな女性からでもモテるなんて夢物語ではあるが、安心してほしい
ある程度ならモテるようにはどんな男性でもなれる
その秘訣はアプローチをした際の成功率を上げることだ

成功率の上げ方について

私はどちらかというと自分からアプローチをしたときの成功率を上げてきて今がある
めっちゃモテるわけではないが、そこそこ成功率は高い方らしい

アプローチをした際の成功率を上げることは努力で改善ができると確信がある
なぜなら引きこもり気質の話下手なエンジニアがここまで来れたのだから

ただし、私が実践している成功率の上げ方はごくごく普通のことの積み重ねである
正直いろんな本に書いてあることだし、すごい裏技があるわけではない
誰でも出来ることを誰もやらないくらい誰よりもやることが重要なのである

次回はモテる男性になるために最も重要なことについて書いてみる
モテる男になる!(メンタル編)

「CHANGE B」でハッピーデー!

昨日はTouch Know Meでいつもお世話になっている石田しゅうじろうさんのライブを観に行ってきました!
行った先はヨシトモの渋谷無限大ホール♪

出場していたのは「CHANGE」という2018年4月から始まった芸歴11年目以上の芸人達がA STAGE~D STAGEまで4段階のステージに分かれてしのぎを削る新システム

三分間の間に持ちネタを披露し、最終的には投票数で順位をつけ、Aランクを目指していくというもの
芸人の世界もいろいろあるんですね!

石田さんのコンビは「ハッピーデー」
みるきぃしげおさんと結成しています♪
トップバッターでしたが、スタートダッシュで場を盛り上げていて、さすがです!!

他には「ソラシド」や「こりゃめでてーな」などテレビ番組にも出ているコンビも出場していました!

どの組も面白く、楽しいステージでした!
個人的には「ゲンセンシホウセン」の場の回し方に学びまくりました♪
「オリオンリーグ」はなんか可愛くていいですね^-^
やっぱり全力で表現するって素敵です☆

昨日の結果はこれ!

【審査員票 TOP5】
1位 小森園ひろし
2位 ソラシド
3位 大谷健太
4位 オリオンリーグ
5位 江戸川キャデラック

【お客様投票 TOP5】
1位 ソラシド
2位 ゲンセンシホウセン
3位 オリオンリーグ
4位 こりゃめでてーな
5位 大谷健太

ハッピーデーさん残念!
応援してます^-^
また爆笑しに行きたいと思います!

CHANGEブログ

#お笑い
#よしもと
#ハッピーデー
#石田しゅうじろう
#みるきぃしげお
#渋谷
#無限大ホール
#爆笑
#CHANGEB
#ソラシド
#こりゃめでてーな
#ゲンセンシホウセン
#オリオンリーグ
#TouchKnowMe

信じるな、疑うな、確かめろ

情報は古来から重要視されている
孫子にあるこの格言は有名ですよね

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

ちゃんと相手と自分を知っている、情報を持っていればどんな戦でも勝てると
孫先生はおっしゃったわけです
これは現代でも一緒

というのも、こんなニュースがあったので、ちょっと書いてみようと思います

武井壮、山口達也と同じマンションとの報道否定

内容としては山口達也氏と同じマンションに壮さんが住んでいて、
近くのバーで酔っ払いながら「やましいことはなくても、カメラマンがいると緊張する」と話していた
というもの

で、壮さんがtwitterで返したのは
同じマンションに住んでないし、お酒も一滴も飲まないし、完全な作り話
というもの

壮さんがお酒も飲まないし、タバコも吸わないのは有名な話

武井壮、わずか10歳で編み出したボディコントロール法がスゴすぎると話題に「天才」「恐ろしすぎる」

ストイックすぎてかっこいいですよね
壮さんを見ていると、もっとストイックになりたくなります

ネットが発達し、情報が溢れるようになった現代では
情報の発信源をより重要視する必要があります
特に日本人は宗教観、決断力をなくすように育てられているため、
判断材料が”世間”になっている人が多いようです
(私もそうでしたし、そういうところがまだあります)

そうなると誰かが書いた記事は本当のことのように思いがちになります
が、それが事実かどうか、自分にとって正解かどうかは全く分からないものなのです

出版社、著者がはっきりしている本や実際に経験したことがある方から直接情報を仕入れるのが一番確実

信じるな、疑うな、確かめろ
大切なことほど、確かめる習慣を身に着け、いい判断が出来る人になっていきたいと思う