健康な体と心の作り方(講師:堀田教之)

健康についてどの程度意識して普段生活されていますか?

食事には少し気を付けよう、運動はしたほうがいい、などあるかと思います。

痩せたい、元気でいたい、思うことはできてもなかなか普段の生活から変えていくことは難しいものですよね。

こういうことは専門家にぶっちゃけどうするのがいいのかを学ぶのが一番!

ということで、堀田教之さんのセミナーに参加してきました♪

堀田教之さんって誰?

堀田さんはボディメイクと筋トレのコンサルを中心に、人と人のつながりから新しい価値を創造することを理念としている株式会社シックスパックの代表取締役の方です!

新薬の開発や薬剤師などの経験を元に経営をされているため、健康について薬学の観点からもアドバイスできるスペシャリストでもあります。

本人自身もボクサーを目指していたことがあり、筋トレで鍛え抜かれたいい体をしています。

プライベートでは汐留はイタリア街にオフィスがあるため、近場の飲み屋街である新橋に詳しいため、新橋コンシェルジュとも呼ばれているとか。

ダイニングバーの共同経営もされていることから、バーテンダーとしても活躍しております。
なんかすごいですね!

何事も目標設定が大事!

さて、そんな堀田さんの話では、健康な体を手に入れるためにも、まず目標の設定が大事になるとのこと。
健康な体を手に入れるために食事制限をしたり運動するのはあくまで過程でしかないため長続きしないんだとか。
また、どうなりたいか次第でアプローチも変わるため、まずどうなりたいか、どんな経験がしたいかを具体的に考えてみましょう。

痩せて海に行きたいでしょうか、それともマラソンのイベントなどで優勝したいでしょうか。
自分がいいなーと思ってワクワクする理由を創ると長続きしやすいようです。

健康の定義とは

ここまで書いてきましたが、健康ってどのような定義なのでしょうか。
体や栄養などに関わることを想像する方が多いかと思いますが、健康で大事なのは「心身ともに」だそうです。
そう!心も併せて考える必要があるんです。
体に異常はないけど、精神的なことになると自信がなくなる方もいるのではないでしょうか。

心が健康的かどうかを考える時に指標となるのは、以下のようなことのようです。

  • 自分らしく生きられているか
  • 自分の感情を我慢することなく表現できているか
  • 前向きな感情(楽しい、ワクワク)を持っているか
  • 問題、課題をスムーズに解決に導けるか
  • 周囲と友好的な人間関係を築けているか
  • 人生の目的や意義を持っているか

心も健康的か、気を付けてみると、より健康に近づくことができそうですね。

健康でいるために

何か新しいことを始めよう!と思っても長続きしないため、習慣化するのが一番だそうです。
それも意識しなくてもやってしまうようなこと。
極端な例を出せば、運動したいなら運動する職に就くこととか。
引っ越しのバイトしたら半年もしないうちに体格よくなったという人も多いのではないでしょうか。
今ならUberEatsのバイトで自転車をたくさん漕ぐのも一つの選択肢ですよね。

それはなかなか難しいということでしたら、仲間を作るのがオススメです。
自分一人だとやめてしまうことも、人との約束があるとやらねばと思うことも多いと思います。
ランニングに週一回友達と行ってみるのはいかがでしょうか。

最後に

大きな実績を持つ経営者の方は健康をとても重要視するようです。
若いうちから健康を維持できるように心がけ、より長く最前線で人生に挑戦していきましょう!

モテる男になる!(メンタル編)

前回から何回かに分けてモテる男性になるため、まずはアプローチをした際の成功率の上げ方についてつづっている
今回はその第二弾

モテるために最も重要なこと

まず押さえておきたい重要なこと
それはメンタル(考え方)だ
仕事でもプライベートでも、精通して成果を出すためには成果というものの成り立ちを理解しておく必要がある
ここら辺について書かれている書籍としておススメなのは下記の二冊

[amazon_link asins=’4866630191,4763195433′ template=’ProductCarousel’ store=’touchknowtommy-22′ marketplace=’JP’ link_id=’c690cf91-7900-11e8-8cad-178b1ee0ea17′]

成果とは

成果とは下記のような式で表現することができる

成果=やり方×やる量×やる前提

今回でいえばモテるという成果を出すことが目的である

やり方はいくらでもあるし、効果的かどうかはあるものの意味のないこともないことから0~100の値と考えられる
やる量もどれだけモテるために時間と労力をかけることが出来るかということから0~100の値といえる

問題はやる前提である
これは「あり方」「人格」などとも言えると思う
前提ももちろん0~100があるのだが、これには効果的でない前提もあるため-100~0の場合もあり得るのだ
そう、ここがマイナスだと何をやってもうまくいかない

つまり、モテることも含め、何かをうまくいかせたいなら、それに効果的な前提(メンタル)を育てる必要がある

どんなメンタルがモテるのか

では、どのようなメンタルを持つことでモテるようになるのか

①人、環境のせいにしないこと

モテない人に多いのはモテない自分を変えようとしないことにある
今の自分を好きになってほしい、逆シンデレラパターンである

人としてはいい人でもモテない人はたくさんいる
逆に人としてはちょっとアクが強かったりしても、モテる人はモテる

そんなモテる人は時代や場所に合わせて自分を変化させ、成長させている
それは自分を無くすということではない
いいところを伸ばし、新しい技術、話題を取り入れ、自分の考えで自分を成長させていくのだ

環境、人からのフィードバックを真摯に受け止め、成長の糧にしていこう

②正直(素直)であること

ついつい自分にとって都合の悪いことが起きると嘘をついたり、課題を避けようとしてしまうもの
女性からモテたいと思って努力をしようと思っても、そこまでしなくてもいいのではと思いがちである
そこまでしなくてもいい人が現れるのではないかと

これは慣性の法則に基づいた元の自分へ戻る修正からくる考えなので要注意である
人にしても物事にしても、元の安定した状態から変化するときには負荷が必要である
このとき安定した状態に戻る力がかかっているのだ
(その力が働いているから安定できるという見方もできる)

モテる人になるためには、モテない自分を認め、そこに戻らないと決めるか、モテてないのがおかしいと不安定な状態にするかの二択しかない
自分の願望に素直になって、課題と向き合おう

③一貫性を持つ

一度、変わるための努力を始めると、隣の芝が青く見えてくるのはよくあることである
このやり方でいいのかな、もっといい方法があるのではないかと

確かにあるのかもしれない
が、どれが最適かもやってみないとわからないし、そんなことを気にしてもキリがない
そのやり方でうまくいっている人がいるなら、まず身につくまでやってみることである
何かを身につけようと思ったら身につくまで徹底的にやりこむことが大切である

女性からモテることに近道はない
一歩ずつ成長していこう

最後に

モテる人は結局モテる考え方をしているのだ
成果は考え方のクセで決まるという

次回はそんなメンタルを手にするために自分一人でまず出来ることについて書いてみようと思う

モテる男になる!(前置き)

男性、女性ともにモテない人であるよりモテる人でありたいと思うもの
特に男性は雑誌の裏にあった札束と美女に囲まれた絵に心動かされたことがある人も多いのでは
そこまではいかずとも、実際にモテる人はどのようなことを大事にしているのか
モテたい一心で努力を重ねてきた経験からモテる男性について書いてみたい

そもそもモテる人はいるのか

ここでいう「モテる」は

    • 複数の女性から定期的(月に1度程度)アプローチがある
    • 自分からアプローチした場合(その日限りも含む)の成功率が高いこと

と定義しよう

本人にモテる意識、モテたい願望があるか、それが元で問題が発生しているかは気にしないことにする

そうした時のモテる状態にある人は実際結構いる
私の友人にもなんだかんだ女性からのアプローチが多い人がいる
うらやましい
この状況になる人は下記の特徴があるように思う

  1. 顔面が特にイケメン
  2. めっちゃすごいステータスがある
  3. パーフェクトボディ

個人的なひがみも入っている気がするが、ずば抜けたイケメンやステータス、肉体美は本能に訴えかけるものがあるらしい
では生まれ持った美も乏しく、ステータスもない一般男性はどうすればよいのか

もちろんどんな女性からでもモテるなんて夢物語ではあるが、安心してほしい
ある程度ならモテるようにはどんな男性でもなれる
その秘訣はアプローチをした際の成功率を上げることだ

成功率の上げ方について

私はどちらかというと自分からアプローチをしたときの成功率を上げてきて今がある
めっちゃモテるわけではないが、そこそこ成功率は高い方らしい

アプローチをした際の成功率を上げることは努力で改善ができると確信がある
なぜなら引きこもり気質の話下手なエンジニアがここまで来れたのだから

ただし、私が実践している成功率の上げ方はごくごく普通のことの積み重ねである
正直いろんな本に書いてあることだし、すごい裏技があるわけではない
誰でも出来ることを誰もやらないくらい誰よりもやることが重要なのである

次回はモテる男性になるために最も重要なことについて書いてみる
モテる男になる!(メンタル編)