夢、目標の組み立て方

人は行き先を決めてから行動することで、実現したい未来を創っていくことができる生き物です。
行き当たりばったりも楽しいですが、一流のビジネスパーソンとして結果を作りたいのであれば、まずは求めていることを明確にすることは大切なのだと思います。

とはいえ、夢や目標を持ったり決めたりしたことがないと、なかなかどうしたらよいかわからないもの。
ましてやそれさえ決まっていないのにスケジュール何て立てようがないですよね。

そんな方のために夢の見つけ方、目標の立て方など、実践して効果的だったことをご紹介します!

喜怒哀楽リスト

自分が何に感情が動くのかを書き出すことから始めましょう。
小学校から具体的に何に心が動いたのか、動きやすかったのか思い出すことが大切です。

当時の記憶や思い出して出てくる感情など、出てきたことは文章にしてみると、客観的に自分を見つめなおすことができます。
友人とリストを作り、友人の思い出を聞いてて思い出すこともあるので、すかさず追記するようにしましょう。

このワークをすることで、自分が何に興味を持ち、何に感動し、何に怒りを覚えてきたのか、確認することができます。
三つ子の魂は100まで続くと言いますから、多かれ少なかれ、今でも似たようなことに心が動く可能性は大きいです。

夢リスト

自分の感情を思い出して来たら、次は夢リストを書き出しましょう。
自分の心が動くことであることが重要です。
どうせならそれは無理と自分で思ってしまうことのほうがいいです。

例)
甲子園球児になる!
火星に行く!
大統領になる!

まずは100個書いてみましょう。
自分の頭から出てこなくなったら、インターネットで調べてみたり、友人などに聞くのもよいと思います。
自分がいいなと思うこと、わくわくすることであることを大切に。

100個書けたら具体的に内容やかかる金額、期間、必要な人材など、実現に向けて動いてみてください。
意外とできるんじゃないかと思えることも多いはずです。

夢の質について

その中でも外的要因による夢なのか、内的要因から出てきた夢なのかを切り分けてみましょう
内的要因で出てきた夢のほうが自分から行動したくなるので、優先度は高くなります。

夢は大きくても小さくても、どちらでも構いません。
むしろ、大小あるといいと思います。
最初は自分に関わる夢が多いかもしれません。
逆もまたしかり。
個人、コミュニティ、地域社会のどこまで影響があるかの確認をして、今の自分がどこまで自分の範囲だと認識しているかを把握するようにしましょう。
最初は自分が動きやすい範囲で構いませんが、夢を描くことに慣れてきたら範囲を広げていきましょう。

目標設定

目標設定は夢を実現するためのプロセスです。
最初の目標はできるだけ小さく、1日で実現できることを選ぶとよいでしょう。
1日で実現できることを計画し、実行し、達成する。
達成できなければ、どうしたら達成できるかを考え、翌日再度挑戦する。
大事なのは決めた目標は何度挑戦しても構わないので達成することです。

また、夢や目標はぜひ友人に共有するようにしましょう。
自分が言うことで自分に腑に落ちますし、友人にとってもいい機会になるはずです。
そうやって話す中で友人の夢も収集すると、自分の夢もより広がり、同じ目標に向かうチームが出来上がっていくものです。

さいごに

ぜひ夢、目標を持てる大人になりましょう。
今の若い世代は現実的になりすぎています。
人は無茶なことを考え、笑い、それって面白いと思って創り出すことができる生き物です。
描いたら後は実現するだけ。
やればできる!

成功願望は本当に1割の人しか持ち合わせていないのか

こんにちは
フリーランスでエンジニアをしながら飲み歩きのプロを目指し、
立ち飲み屋街に出没しているとみーです

 

突然ですが、成功願望を持っている、もしくはそうなったらいいなレベルの人は全体の1割程度しかいないという話を聞いたことはあるでしょうか
俄かには信じがたいものの、パレートの法則からすると現実的な話のようです
パレートの法則は2:8の法則とも呼ばれ、集団の中で全体の数値は一部の要素が生み出しているという法則
会社の売り上げは全体の2割の人の手によって作られる
働きアリのなかで効果的に行動しているのは2割、そのアリたちだけを集めて行動させてもその中の2割しか有効的な行動はしなくな
などなど
(8割がダメということを言いたいわけではないので誤解なく)

 

どうしてそうなるのか、考えることがある
個人的にはどうせなら上手く行きたいし、裕福でいたいし、社会とか国とかに貢献出来るような人になったらいいなと思う
どの程度そこに向かって努力をし、精進出来ているかは置いておい

 

生きているからにはそういう心は持っている人の方が多いのではないかと思っている
つまり8割は成功願望を持っていると個人的には思う
が、それに向き合い、表現出来るように育って来た、生き残っているのが1割しかいないだけ
こうなったらいいなと思っても普通は0.2秒で諦めてしまうらし
頭の使い方がどうもネガティブになりがちな世の中のようだし
どうせ生きるなら明るく、前向きな方がいい
上手くいかなかったことが多い人生の方が笑い話が多くていい
そう思って日々努力を重ねていったら、きっと想像も出来ないような世界に近づけるのではと思ってる

 

踊る阿呆に見る阿呆
同じ阿呆なら踊らにゃ損損!

 

楽しくいこうぜ人生は♪

 

#言葉 #パレートの法則 #成功願望 #努力 #失敗 #ネタ #笑い話 #実行力 #読書 #本 #きずな出版 #講演会 #岡崎かつひろ #岡崎勉明 #自分を安売り #いますぐやめなさい #汐留 #大阪 #梅田 #ブログ #出版 #旅 #冒険 #ミステリーハンター

巻き込み力、巻き込まれ力

いい売り手はよき買い手
その言葉を最近よく意識するようになった
会社で勤めるにしろ、商売人であるにしろ、成果を出す人の基礎基本は相手に喜ばれることが出来る人
それを考え、察し、経験を通しながら、相手にとってより価値の高いフィードバックが出来るかどうか
そんなことを考える日々が続いている

 

その中でも巻き込み力、巻き込まれ力について考えてみたい
個人から組織にアウトプットし、何かを創出して行くことを巻き込み力なんて最近では表現していることが多い
実際、何かを企画する人、実行する人は巻き込み力に優れていると感じるものである
何か魅力的、何か可能性がある、そんな感じ
私もある程度はあるようで、イベントなんかもたまに企画したり、運営したりもする
が、個人的に最近気をつけようと思っているのは巻き込む側ではなく、巻き込まれることである
巻き込み力は言わば売り手側の話である
どうしたら喜んでもらえるのかを何かを提供することで叶えようとする
これは結構誰でもやるし、誰でも想像しやすい
一方で提供される方は与えられる方と見られ、受身がちになりやすい
やってもらって当たり前になる
私もそういうことが多く、後から考えるとできることはもっとあったと反省せざる終えない

 

例えば飲み会に誘われた時に一人ではなく、友人と一緒に参加するとか、お土産持って行くとか、笑いのネタの一つでも作って行くとか、そんなことで構わない
飲み会なら美味しそうに飲むし、食事も美味しそうに食べる
お礼と感謝はちゃんと伝える
それが例えその場を白けさせようとも、その気持ちがまずは大切だし、ただ参加して、ただ楽しむよりよほど主体的である
その結果が惨敗でも次で笑いのネタにすればいいだけのこと

 

少し古風なのかもしれないけど、礼という考え方だと、個人的には考えてる

飲み過ぎると気が舞わなくなるのは要改善ではあるけどね

与えてもらった機会を無下にせず、一つ一つ丁寧に大切にしていくと、何事もうまく行くと確信している
我が身を振り返り、可能性を見つけていこう

 

#巻き込み力 #巻き込まれ力 #売り手 #買い手 #喜ばれる #成果 #挑戦 #成長 #礼儀 #作法 #受身 #主体的 #本 #読書 #書評 #自分を安売り #今すぐやめなさい #岡崎かつひろ #岡崎勉明 #きずな出版 #講演会

末代まで!

「末代まで恨んでやる!」というセリフをどこかで聞いたことがある方は多いかと思います。
もちろん私も聞いたことがあり、大学生の頃に好きだったライトノベルに「末代まで!」という作品もありました。
(結構面白かったんだけどな、、、)

 

この「末代」という言葉、どういう意味かご存知でしょうか。
私も自信を持って知っている、と、思ってました。
孫のそのまた孫のそのまた孫の、ずっと先まで恨んでやる!と。
「この恨み、七代先まで祟ってやる」というセリフと同じようなものだと思ってました。

 

しかし、調べてみると末代と子孫たちとは全く関係がなかったのです!
正直驚き
末代と末裔の認識が混ざっているため、起こっている間違いのよう

 

末代とは後の世のことを指しており、死んだ後でも恨んでいるぞという意味のようです。
いくら末代まで恨まれても子孫たちは無害でよかった。

 

自分の常識、知識が正しいかどうかって意外とわからないものなんですよね。
自分では良かれと思っていることでも、他の人には有難迷惑なんてことも。
奢らず、謙虚に学び続けていこうと思った発見でした☆

 

#末代 #末代まで! #認識違い #勘違い #後世 #謙虚 #学び
[amazon_link asins=’4044748012′ template=’ProductCarousel’ store=’touchknowtommy-22′ marketplace=’JP’ link_id=’b79f5a9d-4dc5-11e8-adad-0383e3ce4dab’]

影響力ってすごい!

ふとニュースサイトでこんな記事を見かけた

交通事故で亡くなった桜塚やっくんのブログ コメント途切れず9万件突破

桜塚やっくんは個人的にとても身近であり、尊敬してやまないエンターテイナーである
何となく見た目が似ているという理由から私が仮装する時にはやっくんになることが多いのである

 

そんなことはどうでもよくて
やっくんの最後の投稿はこれ

 

確かにコメントは9万件を超え、今見ても9万2千件を突破しようとしている所
亡くなったのは2013年、すでに5年も前のことである

 

正直、世界的なトップスターだったかというと、そこまでではないと思う
看板番組をたくさん抱え、メディアに舞台に引っ張りだこだったかというと、それも違うと思う
では、この原因はどこにあるのだろう

 

ここから先は個人的な推測、思考になるので、快く思わない方、ごめんなさい

 

この原因は短期的な影響力と長期的な影響力の違いにあると思っている
短期的な影響力はメディアの力や周囲(世間)の流れによって生まれる

 

ジャンコクトーの言葉にもこんなものがある

芸術は醜いものを生み出すが、しばしばそれは時とともに美しくなる。
一方、流行は美しいものを生み出すが、それは常に時とともに醜くなる。
Art produces ugly things which frequently become more beautiful with time.
Fashion, on the other hand, produces beautiful things which always become ugly with time.

 

短期的な影響力も大切だが、長期的な繁栄を求めるのであれば、本当にそれを愛するファンを作ることが大切になるらしい
やっくんは深く、深く、人の心に影響を与える、そんなエンターテイナーだったのだろう

 

人間関係も最初は希薄だったり、どこかよそよそしかったり、たまには喧嘩したり、信じ合えないことがあったとしても、ともに生き、挑戦し、涙し、笑いあった人との間には、何者にも変えがたい価値が生まれるもの
繁栄は友を作り、逆境は友を試す
今はしんどくても、それを乗り越えた先には豊かで大きな人生が待っていると私は思う

 

もはや芸術と呼べるのではないかと思えてならない、やっくんのブログには今日も多くのファンからコメントが寄せられている

 

#桜塚やっくん #ブログ #コメント #更新 #9万件突破 #影響力 #短期的 #流行 #長期的 #芸術 #美しい #ジャンコクトー #名言 #エンターテイナー #エンタの神様 #懐かしい #スケバン恐子 #お笑い #芸人 #人気

ブログとは 【アホな言葉あそび】

言葉の語源を知っていると役に立つことが多い
それを誰かに話さずとも、それに関わる仕事や話に興味が出るし、理解することができる
そういう理由から言葉の語源を調べることがよくある
知ってる人からすると当然なのかもしれないが、意外と知らずに使っている言葉も多いことに気付く
たとえば「ブログ」
今や一般的に使われているブログという言葉
これはいったい何なのか

 ブロッコリー

中学生のころはブロッコリーあたりから来ているのかと思ってた
ブロッコリーグッド的な
でもこれでは意味が通じない
ブロッコリーがおいしいことを書き込んでもどうしようもない

プログラム

ではなんなのか
父もエンジニアだったこともあり、幼少の頃からパソコンが家にある生活をしていた
その影響か、ある時ふとブログというのはプログラムの一種かと思うこともあった
発音もブログと近いし
文章を書くための「プログラム」を作る言語か何かそういうものかと
そもそもそのときは”言語”という概念すらなかったから、なんかすごいものくらいに思っていた
でもこれも違う
言語は基本的にHTML、cssあたりだし

ブログとは

ブログの語源はインターネットが出来た当初にさかのぼる
そもそも一般的に広く利用されているインターネットとは
「World Wide Web」のことを指していることが多い
サイトのURLにある「www」の元になっている言葉である
当時は世界中とネットを通してやり取りできるものではなく、
サーバー一つ一つで世界が構築されているだけであった
それが世界と広がるようになるとwebページを作るようになる
サイトの登場である
これの変更や評論をまとめて記録するようにしたものが
webを記録(log)するという意味でWeb Logと言われるようになる
これが略されてウェブログの呼び名からブログと呼ばれるようになる
つまりブログとはwebページについて記述したものとなる
これは困った
サイトなんて作ってない

最後に

でもご安心を
今となっては「webを記録する」ことから「webに記録する」という意味になっている
つまりブログとはweb上に残す記録のことであり、内容については何でもいいのだ
肩肘はらず、自分の思考、行動なんでも記録しよう
そういうことから個性が見え、魅力になっていくのだから
※私の個人的な思想で記述してますので、間違ってたらごめんなさいです!
#ブログ #サイト #ウェブ #言葉 #意味

はじめてみた!

初めまして

とみーと申します

web系のエンジニアしながら飲みに行ったり、ボルダリングしたり、読書したり

思ったこととか、自分の備忘録とか、雑記していきたいと思っとります

写真とかも一緒に載せれたらいいのかな

最近今更ながらPHPに手を出してみようと思ったり、iOSでアプリ開発してみようとしていたり

覚えたことも書いて行こう

ボルダリングもはじめて行ったとことか、課題とかもかけたらいいね

あと飲み屋!

新橋、赤羽、野毛、福島(大阪)

いろいろ飲みにも行くから、そんなことも書いてこう

今日も1日が楽しみだ♪

 

#ブログ #朝カフェ #桜木町 #作業