いまの職場、ラスト3ヶ月【書評】

1万円をリアルにシュレッダーにかけたことがありますか?

とても衝撃的な話題からスタートします。ドキッとしますよね。

もちろん私も1万円札をシュレッダーにかけたことはありません。

が、本作を読むと、自分にとっての価値そのものを見直すいい機会になることは確かだと思います。

命の数値化

1万円札をシュレッダーにかけたことはありませんが、いまの時間の使い方はそうなっているかもしれません。

そう総警鐘を鳴らすのが、本作の著者である渋谷文武先生。

北海道を拠点として就活コンサルや著者として活動されております。大学などでも精力的に講演活動をされており、 2019年4月にはきずな出版定期公演会でも登壇されている超認識講師です!

そんな渋谷先生は超多忙な中でも多くの方と話し、寄り添うことができるほどの余裕もお持ちに感じることができました。

それは時間の使い方に違いがあるのだと思います。

仕事量の増やし方

仕事と聞くと嫌な感じがする方も多いかもしれませんが、自分にとって効果的なことをすることととらえてもらえればよいと思います。

そんな時間をどう増やすのか、著書の中にあるこんな言葉が勉強になります。

いまからやる。毎日やる。3か月やる。それが正解です。 毎日5分でもOKです。とにかく、いますぐやってください。

いまの職場、ラスト3ヶ月

あれこれ悩んでいる時間がもったいないとのこと。仕事のできる人は判断も対応もとにかく速いですよね。とにかく毎日少しでもいいから続けることが大切とのことです。

本当にできるのか、あとでやろうかな、いろいろ考えることがありますが、結局今すぐやったほうが早いんですよね。

自分も気を付けようと思っていることの一つです。

コミュニティの作り方

渋谷先生はとても人とのつながりを大切にする方としても有名です。

元々は人とのかかわりが苦手だったとおっしゃっていましたが、一つずつ工夫をすることで解決したとおっしゃっていました。

本の中でもこう話されてます。

いつでもできる。いつでも会える。そんな思いが無意識にあるから、私たちは適当に人と接するし、仕事もするようになるのです。

いまの職場、ラスト3ヶ月

ついつい目の前にいる人はいつまでもそこにいると思ってしまいがちです。

が、しかし、そんなことは永遠に続きません。その瞬間、その瞬間を大切にし、集中していきたいと改めて思い、行動を改める機会になりました!

さいごに

自身の経験から時間の大切さを真摯に語られる渋谷先生は本当に魅力的な方でした!

まだ読んでいない方は本作を一読することオススメします。

これからも応援し、注目していきます!

SOC(首尾一貫感覚)ってご存知ですか?〜ストレスマネジメント〜

平日の夕方から放送している東京FMのスカイロケットカンパニーの中のコーナーで現代社会ではSCOが大切という話題が出ていました。
SCOってご存知ですか?

SCOとは

日本語にすると「首尾一貫感覚
いいことばかりじゃないけど、世の中捨てたもんじゃないなって感覚とのこと
ピンと来ますか?
ストレスマネジメントの業界で生まれた言葉のようです。
もう少し詳しく説明すると以下のようなことになります。

SOC とは「Sence of conherence」の略。直訳すると「首尾一貫感覚」となり、 ユダヤ系アメリカ人の医療社会学者アーロン・アントノフスキー博士により提唱された考え方です。

ストレスに打ち勝つための5つのポイント

これでもちょっとピンと来ませんね。
これは3つの感覚から成り立っていると言われています。
どれも日常生活には大切なこと。

有意味感……仕事や日々の生活、すべての物事に意味ややりがいを感じる
把握可能感……自分の置かれている状況、自分の置かれるであろう状況がわかる( 先を見通しながら、今の現状を見る)
処理可能感……なんとかなる、なんとかやっていける、自分は大丈夫という感覚

ストレスに打ち勝つための5つのポイント

つまり、日常の中にやりがいを覚えたり、今いる状況を把握し、なんとかやっていけると思えたりする感覚ということですね。

どんなメリットがある?

このSOCを育てることでどんなメリットがあるのでしょうか。
それは心的ストレスを軽減、もしくは回避できるようになるとか。
確かに、生きることにやりがいを感じ、困難をどうにかなるかと受け入れられたら、余計なストレスも感じなさそうですよね。

これを習得することでストレスタフになり、よりハッピーな毎日を送ることができそうです。
しかも、厳しい訓練や生まれながらのものではなく、自分で育てることができるもののようです。
ではどのように育んでいけば良いのでしょうか。

SOCの育みかた

この感覚は5つのことを実践することで育まれていくようです。
1.挨拶をする
2.人を好きになる
3.悪いと思ったら謝る
4.誰かが困っていたら助ける
5.自分が困った時にはSOSを出す

当たり前のようなことですが、こういうことからどうにかなると思える感覚が養われるんですね!
確かに、意識してやることで、自信につながることが多いと思います。
また、人との関わりを円滑にすることでもあるので、コミュニティの中で生きているということを腑に落とすことが目的なのかなと思いました。

人は誰しも一人では生きていけないもの。
ちゃんとコミュニティの中で生きているという自覚と、そのコミュニティに頼って良いという感覚がSOCなのかもしれません。

終わりに

SOC、身についているでしょうか?
40代を超えてからの自殺のはほぼ孤独が原因とのこと。
まず自分の身の回りを確認し、手の届く範囲のことを大切にしながら、自分と周りにいる人、社会を豊かにしていきましょう!