きずな出版定期講演会(講師:小橋賢児)

2019年7月のきずな出版定期講演会に参加してきました!

今回の特別講師は俳優業から映画監督の経験を経て、超有名音楽イベントを立ち上げた小橋賢児さんでした!
とても幅広く、多彩な経験を通して小橋さんが考えている大切なことについて、きずな出版の小寺編集長との対談形式で語られた言葉の中から、印象的だったことをご紹介致します♪

何気なく小橋さんがおっしゃった一言ですが、これが全てを物語っていると思いました。
予定調和で想定できる物の中にイノベーションは生まれないとのこと。

ワクワクすることが見つからないという人も多いのだけど、きっと今の自分の枠の中にいるからそう思うだけ。
自分の枠を出て、やったことがないこと、非常識な世界を体感すると、次に何が起こるかワクワクするようになる。
それがたとえ都合の良くないことだったとしても。

自分が新しいことに挑戦しているか考え、行動したくなる言葉でした!

いいこと、悪いこともたくさん起こるのだけど、それをどう捉えるかが大切なのだと。
一見自分にとって都合の悪いことでも、点と点をつなぎ合わせることで後から見ればよかったことになることはたくさんある。

そりゃその時はクソって思っても思考実験をして、この先こんなことに繋がるかもと思うだけで、ワクワクする経験になる。
それが会社のリストラや友人とのいざこざ、骨折だったとしても。
よくないことを後に引きづらなくなったのがとても大きいとおっしゃっていました!

捉え方ってとても大切ですよね。
いいことはそれに喜んだらいいし、そうでない物も起こってよかったと思えるようになったら、人生とても前向きに頑張れると思います。
もっと一つ一つの自分に起こっていることをよく見て、感じ、次に繋げていきましょう!

自分が感じた違和感や鳥肌が立つような経験からイノベーションは生まれることを体感されてきたとのことです!
これってなんだろう、とか、これやばい!みたいな感覚が大切なのだと。

大きなことを望んだり、誰かの成功を夢見ることが多いのだけど、それを見て頑張るとたどり着くまでにとてもしんどい。
なんなら大抵の人はたどり着かない。
でも、足元にある一つ一つの経験を大切にし、今の自分から見て、感じることから心を動かし、行動するといい方向に進んでいける。

自分が感じることは自分にとっての成功へ繋がっていると思います。
自分にとっての成功を描き、友人と分かち合いながらお互い協力して、実現していける人って素敵ですよね!

最後に

サインももらっちゃいました♪

お会いするまでは芸能関係の方なので、どこか普通でない近よりがたい方なのかなと思っていましたが、とても紳士的かつユーモアに溢れる魅力的な方でした!

小橋賢児さんの著書「セカンドID」からでもその幅広い経験を感じ、学ぶことができます!
ぜひ読んでみることをオススメします!

来月の講演会も楽しみです♪

末代まで!

「末代まで恨んでやる!」というセリフをどこかで聞いたことがある方は多いかと思います。
もちろん私も聞いたことがあり、大学生の頃に好きだったライトノベルに「末代まで!」という作品もありました。
(結構面白かったんだけどな、、、)

 

この「末代」という言葉、どういう意味かご存知でしょうか。
私も自信を持って知っている、と、思ってました。
孫のそのまた孫のそのまた孫の、ずっと先まで恨んでやる!と。
「この恨み、七代先まで祟ってやる」というセリフと同じようなものだと思ってました。

 

しかし、調べてみると末代と子孫たちとは全く関係がなかったのです!
正直驚き
末代と末裔の認識が混ざっているため、起こっている間違いのよう

 

末代とは後の世のことを指しており、死んだ後でも恨んでいるぞという意味のようです。
いくら末代まで恨まれても子孫たちは無害でよかった。

 

自分の常識、知識が正しいかどうかって意外とわからないものなんですよね。
自分では良かれと思っていることでも、他の人には有難迷惑なんてことも。
奢らず、謙虚に学び続けていこうと思った発見でした☆

 

#末代 #末代まで! #認識違い #勘違い #後世 #謙虚 #学び
[amazon_link asins=’4044748012′ template=’ProductCarousel’ store=’touchknowtommy-22′ marketplace=’JP’ link_id=’b79f5a9d-4dc5-11e8-adad-0383e3ce4dab’]