モテる男になる!(メンタル編)

前回から何回かに分けてモテる男性になるため、まずはアプローチをした際の成功率の上げ方についてつづっている
今回はその第二弾

モテるために最も重要なこと

まず押さえておきたい重要なこと
それはメンタル(考え方)だ
仕事でもプライベートでも、精通して成果を出すためには成果というものの成り立ちを理解しておく必要がある
ここら辺について書かれている書籍としておススメなのは下記の二冊

[amazon_link asins=’4866630191,4763195433′ template=’ProductCarousel’ store=’touchknowtommy-22′ marketplace=’JP’ link_id=’c690cf91-7900-11e8-8cad-178b1ee0ea17′]

成果とは

成果とは下記のような式で表現することができる

成果=やり方×やる量×やる前提

今回でいえばモテるという成果を出すことが目的である

やり方はいくらでもあるし、効果的かどうかはあるものの意味のないこともないことから0~100の値と考えられる
やる量もどれだけモテるために時間と労力をかけることが出来るかということから0~100の値といえる

問題はやる前提である
これは「あり方」「人格」などとも言えると思う
前提ももちろん0~100があるのだが、これには効果的でない前提もあるため-100~0の場合もあり得るのだ
そう、ここがマイナスだと何をやってもうまくいかない

つまり、モテることも含め、何かをうまくいかせたいなら、それに効果的な前提(メンタル)を育てる必要がある

どんなメンタルがモテるのか

では、どのようなメンタルを持つことでモテるようになるのか

①人、環境のせいにしないこと

モテない人に多いのはモテない自分を変えようとしないことにある
今の自分を好きになってほしい、逆シンデレラパターンである

人としてはいい人でもモテない人はたくさんいる
逆に人としてはちょっとアクが強かったりしても、モテる人はモテる

そんなモテる人は時代や場所に合わせて自分を変化させ、成長させている
それは自分を無くすということではない
いいところを伸ばし、新しい技術、話題を取り入れ、自分の考えで自分を成長させていくのだ

環境、人からのフィードバックを真摯に受け止め、成長の糧にしていこう

②正直(素直)であること

ついつい自分にとって都合の悪いことが起きると嘘をついたり、課題を避けようとしてしまうもの
女性からモテたいと思って努力をしようと思っても、そこまでしなくてもいいのではと思いがちである
そこまでしなくてもいい人が現れるのではないかと

これは慣性の法則に基づいた元の自分へ戻る修正からくる考えなので要注意である
人にしても物事にしても、元の安定した状態から変化するときには負荷が必要である
このとき安定した状態に戻る力がかかっているのだ
(その力が働いているから安定できるという見方もできる)

モテる人になるためには、モテない自分を認め、そこに戻らないと決めるか、モテてないのがおかしいと不安定な状態にするかの二択しかない
自分の願望に素直になって、課題と向き合おう

③一貫性を持つ

一度、変わるための努力を始めると、隣の芝が青く見えてくるのはよくあることである
このやり方でいいのかな、もっといい方法があるのではないかと

確かにあるのかもしれない
が、どれが最適かもやってみないとわからないし、そんなことを気にしてもキリがない
そのやり方でうまくいっている人がいるなら、まず身につくまでやってみることである
何かを身につけようと思ったら身につくまで徹底的にやりこむことが大切である

女性からモテることに近道はない
一歩ずつ成長していこう

最後に

モテる人は結局モテる考え方をしているのだ
成果は考え方のクセで決まるという

次回はそんなメンタルを手にするために自分一人でまず出来ることについて書いてみようと思う

モテる男になる!(前置き)

男性、女性ともにモテない人であるよりモテる人でありたいと思うもの
特に男性は雑誌の裏にあった札束と美女に囲まれた絵に心動かされたことがある人も多いのでは
そこまではいかずとも、実際にモテる人はどのようなことを大事にしているのか
モテたい一心で努力を重ねてきた経験からモテる男性について書いてみたい

そもそもモテる人はいるのか

ここでいう「モテる」は

    • 複数の女性から定期的(月に1度程度)アプローチがある
    • 自分からアプローチした場合(その日限りも含む)の成功率が高いこと

と定義しよう

本人にモテる意識、モテたい願望があるか、それが元で問題が発生しているかは気にしないことにする

そうした時のモテる状態にある人は実際結構いる
私の友人にもなんだかんだ女性からのアプローチが多い人がいる
うらやましい
この状況になる人は下記の特徴があるように思う

  1. 顔面が特にイケメン
  2. めっちゃすごいステータスがある
  3. パーフェクトボディ

個人的なひがみも入っている気がするが、ずば抜けたイケメンやステータス、肉体美は本能に訴えかけるものがあるらしい
では生まれ持った美も乏しく、ステータスもない一般男性はどうすればよいのか

もちろんどんな女性からでもモテるなんて夢物語ではあるが、安心してほしい
ある程度ならモテるようにはどんな男性でもなれる
その秘訣はアプローチをした際の成功率を上げることだ

成功率の上げ方について

私はどちらかというと自分からアプローチをしたときの成功率を上げてきて今がある
めっちゃモテるわけではないが、そこそこ成功率は高い方らしい

アプローチをした際の成功率を上げることは努力で改善ができると確信がある
なぜなら引きこもり気質の話下手なエンジニアがここまで来れたのだから

ただし、私が実践している成功率の上げ方はごくごく普通のことの積み重ねである
正直いろんな本に書いてあることだし、すごい裏技があるわけではない
誰でも出来ることを誰もやらないくらい誰よりもやることが重要なのである

次回はモテる男性になるために最も重要なことについて書いてみる
モテる男になる!(メンタル編)

想いよ、逝きなさい【書評】

恋愛についての本も読むことは多いが、ここまで女性側からバッサリ書いてある本は見たことがない

謎のブロガーとして有名なDJあおいさんが恋愛について書いた本
いい恋愛をするために、男性に依存せず、その終わりについて重点的に書いてある

正直、男性としてはたまに読みづらい(耳に痛い)と思う

期待を手放すことが失恋から解放される一番の近道

期待しちゃうよね
私も20代前半はそうだったと思う
今でもそうか
好きな人はやはり好きなのだ

別れてすぐに友達になれるような関係は、最初から恋愛なんてしていなかった関係

燃えるような恋というのは友人に戻るまで時間がかかる
私もそういう時もあった
ただ、そうでない距離感の恋愛もあっていいと思う
何もその人しか見えなくなるほどゾッコンしなくても、緩く淡い恋心があってもいいと思ってる
特にそれ以外で充実していると恋愛に依存しなくなるため、程々に好きでいられる
そう思ってしまうのは男性だからなのだろうか

出会いは運命だったとしても、そこから先は自分の力

これは確かに!
恋愛に限らず、仕事でも何でも、偶然というものは確かに存在する
けれども、そこから形に出来るか、する気があるかは人それぞれ
チャンスの神様は前髪しかない
偶然に可能性を見出し、手を出す度胸をつけてこう

離れていく人より、これから出会う人を大切に

後ろは振り返っても仕方のないもの
これから出会う人を大切にするしかない
し、いい思い出もしんどい思い出も、等しくちゃんと向き合って、自分の価値に変えていきたいものである

恋愛観について

よく男性は加点法(別名保存)、女性は減点法(上書き保存)という話があるが、
これには別の見方があることを最近知った
何を加点、原点(保存)するのかが男性、女性で違うらしい

それは楽しかった想い出、プラスの感情である

男性は一度好きになると基本的にいい思い出しか覚えていない
記憶が美化されていくのだ
だから意識していないと過去に学ばず、同じ失敗を繰り返す
むしろ失敗とすら思っておらず、いい経験ができたと超前向きに捉える
「元カノに似てる」という単語も基本的には最高級に褒め言葉なことが多い
楽しかった思い出はそれぞれ別名で記憶し、嫌だった思い出は上書きしていくようだ

反対に女性はプラスの感情はどんどん減点していく
昔は可愛いと思えたこともある時を境に減点対象となる
そして別れた後は過去の失敗は別名保存し、もう二度と同じ過ちは繰り返さないと心に決めるようだ
「元カレに似ている」は最高級にネガディブなフィードバックであることが多い

もちろん基本的にはという前提だが

最後に

恋愛観は人それぞれ違うもの
個人的には想いを無理に消化する必要はないと思う
大事なのは「それでどうなりたいのか」
心の課題は時間が解決してくれる
逆に時間を置くと薄れていってしまうのも事実
今を大切に、その感情を原動力にして前進していく人でありたい

#DJあおい #想いよ逝きなさい #書評 #恋愛 #失恋 #未練 #乗り越える #男性 #女性 #越えていけ

[amazon_link asins=’4344031806,484709574X,478167108X’ template=’ProductCarousel’ store=’touchknowtommy-22′ marketplace=’JP’ link_id=’d97ed598-2458-11e8-942a-bb17865d298b’]