健康な体と心の作り方(講師:堀田教之)

健康についてどの程度意識して普段生活されていますか?

食事には少し気を付けよう、運動はしたほうがいい、などあるかと思います。

痩せたい、元気でいたい、思うことはできてもなかなか普段の生活から変えていくことは難しいものですよね。

こういうことは専門家にぶっちゃけどうするのがいいのかを学ぶのが一番!

ということで、堀田教之さんのセミナーに参加してきました♪

堀田教之さんって誰?

堀田さんはボディメイクと筋トレのコンサルを中心に、人と人のつながりから新しい価値を創造することを理念としている株式会社シックスパックの代表取締役の方です!

新薬の開発や薬剤師などの経験を元に経営をされているため、健康について薬学の観点からもアドバイスできるスペシャリストでもあります。

本人自身もボクサーを目指していたことがあり、筋トレで鍛え抜かれたいい体をしています。

プライベートでは汐留はイタリア街にオフィスがあるため、近場の飲み屋街である新橋に詳しいため、新橋コンシェルジュとも呼ばれているとか。

ダイニングバーの共同経営もされていることから、バーテンダーとしても活躍しております。
なんかすごいですね!

何事も目標設定が大事!

さて、そんな堀田さんの話では、健康な体を手に入れるためにも、まず目標の設定が大事になるとのこと。
健康な体を手に入れるために食事制限をしたり運動するのはあくまで過程でしかないため長続きしないんだとか。
また、どうなりたいか次第でアプローチも変わるため、まずどうなりたいか、どんな経験がしたいかを具体的に考えてみましょう。

痩せて海に行きたいでしょうか、それともマラソンのイベントなどで優勝したいでしょうか。
自分がいいなーと思ってワクワクする理由を創ると長続きしやすいようです。

健康の定義とは

ここまで書いてきましたが、健康ってどのような定義なのでしょうか。
体や栄養などに関わることを想像する方が多いかと思いますが、健康で大事なのは「心身ともに」だそうです。
そう!心も併せて考える必要があるんです。
体に異常はないけど、精神的なことになると自信がなくなる方もいるのではないでしょうか。

心が健康的かどうかを考える時に指標となるのは、以下のようなことのようです。

  • 自分らしく生きられているか
  • 自分の感情を我慢することなく表現できているか
  • 前向きな感情(楽しい、ワクワク)を持っているか
  • 問題、課題をスムーズに解決に導けるか
  • 周囲と友好的な人間関係を築けているか
  • 人生の目的や意義を持っているか

心も健康的か、気を付けてみると、より健康に近づくことができそうですね。

健康でいるために

何か新しいことを始めよう!と思っても長続きしないため、習慣化するのが一番だそうです。
それも意識しなくてもやってしまうようなこと。
極端な例を出せば、運動したいなら運動する職に就くこととか。
引っ越しのバイトしたら半年もしないうちに体格よくなったという人も多いのではないでしょうか。
今ならUberEatsのバイトで自転車をたくさん漕ぐのも一つの選択肢ですよね。

それはなかなか難しいということでしたら、仲間を作るのがオススメです。
自分一人だとやめてしまうことも、人との約束があるとやらねばと思うことも多いと思います。
ランニングに週一回友達と行ってみるのはいかがでしょうか。

最後に

大きな実績を持つ経営者の方は健康をとても重要視するようです。
若いうちから健康を維持できるように心がけ、より長く最前線で人生に挑戦していきましょう!

ボルダリング会 2018.04

昨日は友人を誘ってボルダリング会をしてきました(*≧∀≦*)
こじんまりとですが、みんなで登って、騒いで、楽しい時間を作ることが出来ました♪


会場はいつも使わせて頂いている菊川にあるヘッドロックさんでしたした♪
いつもありがとうございます!!

自分の課題と向き合い、挑戦できることは面白い!

自分にとって都合のいいこと、悪いことは起こるもの
それにどう対応するのかを常に問われていることがよくわかる

一体何に気づけと言われているのか
日々の生活、現場で起こっている

諦めず、最後の一歩を踏ん張れるか
何度落ちても立て直し、登り直すことを選択しているか
いま登ってる人を全力で応援してるのか
仲間の達成を承認して表現しているのか

また次の一ヶ月をやり切って、登りにこよう!

#ボルダリング #クライミング #headrock #ヘッドロック #菊川 #イベント #課題 #挑戦 #失敗 #経験 #達成 #承認 #快感 #壁だと思うな人生だと思え

チーズはどこへ消えた【書評】

著者
スペンサー ジョンソン

書評もしてみようと思う
個人的にこの本との出会いは大きい
二匹のねずみと二人の小人のお話

実に行動派のねずみと保守派の小人
チーズを求めて動き続けるねずみと現状にまんぞくして貧相になっていく小人
約5年前に読んだとき、自分はヘムであることに気がづいた
その部屋から出る必要があるのに、出ることを考えていなかった自分

自分のチーズが大事であればあるほどそれにしがみつきたがる(p.30)

今はどうだろう
スニフ、スカリーのように行動的になれているだろうか
ホーのように一歩を踏み出せているだろうか
とはいえ、ヘムの気持ちは今でもよくわかる

チーズがないままでいるより迷路に出て探したほうが安全だ(p.56)

現状維持というのは後退であることをここ数年で学んできた

現状維持なんてものはない

人生は常に前進し、挑戦し、失敗の中から成功を導き出す

そういうゲームなのだと学んできた

最後に

100ページにも満たない一冊ではあるけども、一読の価値はある
私はそう思う

読書とは新しい世界との出会いであり、人生を豊かにすることに不可欠な要素
いい本とたくさん出会い、知らなかった世界に想いをはせ、今日できることを最大限楽しもう

ボルダリングというスポーツ

週末にはボルダリングをしてきた
毎月20〜30人と集まって登りあう
基本半分くらいは初めてのボルダリング
最初はおっかなびっくりに登ってる人も1時間もすれば新しい課題に挑戦している
そういう人の成長が見えるから面白い

ボルダリングはその人そのものが見える
ただの壁ではなく、私にとっては人生に対する姿勢そのもの
そのように見える

最初の課題はほぼ100%誰でも登ることができる
はしごを登るのと同じ原理
その先の課題も登れる人が多い
ここから辺からそれぞれの課題が見えてくる
どこかで躓く、うまくいかない
そういう時にどうするかをよく見てる

ある人はできないといってできる課題を見つけに行く
ある人はできないといってみんなの後ろに回る
ある人はできないといって笑みを浮かべてもう一回と挑戦する

どの生き方も自由だし、正解だと思う
私だってできない課題よりできる課題のほうがやるのは楽
私だってできない課題より後ろで見ているほうが楽

ただ思うのは、
きっとできない課題に思わず悔しそうに笑みをこぼしてしまう人は
きっと人生の課題にも思わず笑みをこぼしながら解決していくのだろう

私もどうせならそういう生き方のほうがいいと思う
困難多き、課題多き、達成にあふれる毎日のほうがワクワクしてしまうから

#ボルダリング #生き方 #課題 #挑戦 #達成 #ワクワク