言いなりの人生は”いますぐ”やめなさい【書評】

人生の主導権を握れ!

幼少のころから親に育てられ、生きていく中で、どこかで自立する日が来ると思っている。

いつが自立になるのだろうか。

親元を離れたとき?

就職したとき?

結婚したとき?

子供ができたとき?

考え方は人それぞれにせよ、自分の人生の主導権を握り、人生の行き先を自分で決められる人になることが、自立の第一歩だと思っている。

この人生の主導権を握るために大切なことや必要なこと、また、そうなっていない人の状況について書かれているのがこの一冊である。

なぜ、言いなりの人生になってしまうのか?

育つ環境によるところも多いが、小さいころから自己決断をせずに、誰かの決断によって生きてしまうと、大きくなってからも当然のように自己決断はできなくなる。

人はしてきたこと、やってきたことを強化してできるようになるため、やらないということをし続けるとやれない人になっていくもののようだ。

つまり、言いなりとして生きているうちは言いなりの人生に必然的になってしまうのである。

これを脱出するためには自分で考え、自分の判断で行動することを覚えなくてはならない。

自由に生きるために、何を選択するべきか

ではどのように選択をしていくことで言いなりの人生から卒業できるようになるのだろう。

様々な要因が考えられるが、本書を読む限りでは、どのようになりたいかというゴールやこうなりたいという師匠、メンターの判断基準に合わせて選択することが大切らしい。

自分の判断は結局今までの強化の積み重ねでしかないため、その判断基準から脱却するためには、自分の判断とそうでない人の判断の差を知ることが必要となる。

この先は本書をぜひ読んでみてほしい。

講師としての著者

著者の岡崎かつひろさんは講演会やセミナーの講師として評判が高い。

岡崎さんがパーソナリティを務めるきずな出版の定期公演会は毎回1000人近くの若者が集まり、著者の方々などから多くの学びを得ている。

HimarayaやSchooなどのネット配信の音声チャンネルも人気である。

自分を安売りするのは”いますぐ”やめなさい|himarayaチャンネル

どの講義でも一貫してマネできるように、一般的な話に置き換えて話をされるのがすごいところ。

一見一度聞けばいいように思えるくらい簡単な話に聞こえるのである。

これを実践できるかという観点から聞いてみると、なかなか面白いものである。

旅人としての著者

相変わらず冒険家、旅人としても各国を回っている。

先日はマニラに行ってきたようだ。

元々は旅行がそこまで好きではなかった著者も、自身の幅を広げるため、弟子たちに世界を見せるため、まずは自分が旅して回っているとのこと。

そんなカッコいいこと言ってみたいものである。

ダイエッターとしての著者

本にもたびたび出てくるが、岡崎さんはダイエットをよくしている。

ランニング、ボクシング、バク転、気になったこと、やりたいことはまずやってみる性分らしい。

問題は食事も好きだから、気を付けないとすぐに戻るところ。

完璧超人ではないところを垣間見る瞬間である。

まとめ

言いなりの人生を卒業し、自由に生きるため、まずは本書を読み、いい師匠と出会い、いい環境で自己成長をしていこう!

ラーメン大@汐留【魅惑のラーメン】

新橋駅から汐留に歩いていく途中にあるラーメン屋

なかなかの人気店で21時を過ぎると材料切れでお店が閉まるほど
ガッツリとしたラーメンが特徴です☆
「ラーメン二郎 堀切店」の流れを汲んでいるところから「堀切系」と呼ばれています

食券を購入し入店!

ラーメン大

麺は太麺!

スープは背脂タップリの豚骨醤油スープ


これで野菜多め
日によって増し、増し増しが出来たりできなかったりします


チャーシューもおいしいです

好みに合わせてコショウ、酢などで味も調整できます

汐留にある魅惑の一杯でした♪

濃厚鶏そば 麺屋武一【魅惑のラーメン】

  1. 新橋はラーメン屋の集まる街でもある
    ランチに食べる会社員もいれば、飲んだあとに食べに行きたくなる人も
    そんな激戦区と言える新橋のラーメンをご紹介
    個人的に好きなのはここ

武一

鶏白湯(とりぱいたん)で作られているあっさり系ラーメンのお店
青山でラーメン店を10年赤坂で焼き鳥店を7年続けてきたメンバーのコラボによる鶏にこだわったラーメンを提供している
新橋の中でも高い人気を誇り、鶏白湯ブームを作ったお店の一つでもある

アクセス

駅からは徒歩5分ほど
初見だと少しわかりにくい場所にある
新橋駅烏森口から直進し、カラオケまねきねこを左折
小さな路地を入ってすぐのところにある

お店

チケットを事前購入してから入店


店内は20席ほどの広さがあり、4人席もある

ラーメン

今回食したのはこれ

比内地鶏白湯そば 850円

個人的にはあっさりしているラーメンが好きだったします

麺は細麺

スープはあっさり系

チャーシューが秀逸
どれだけでも食べれる自信のある美味しさ

たまごも通常で一個分入っている
調度良い固さでうまい

ネギも多めで食べやすい

女性のお客様も多く、どの年齢層にも食べやすい

さらにスープを残しておけば替え玉も可能

他もオススメなので、好みに合わせてこってりもよし!

まさに珠玉の一食といえるラーメンである

———————

住所
東京都港区新橋3-6-13

アクセス
JR新橋駅烏森口から徒歩5分

電話
03-5510-8908

営業時間
平日11:30-25:00
土・祝11:30-18:00頃

定休日
日曜日

URL
https://noukou-torisoba.com/

#新橋 #ラーメン #武一 #鶏白湯 #オススメ #絶品 #駅近 #あっさり #こってり #濃厚 #女性 #人気

自分を安売りするのは今すぐやめなさい【書評】

「セルフバーゲン」は、即刻禁止!

結構痛烈なメッセージである

今の時代を生きるためにはただ会社にいれば良いという訳ではなく、自分の価値を高めていくことが重要と筆者の岡崎かつひろさんはいう

そのためのノウハウを詰め込んだのが本書

普段読書をしない方にとっては物事の基礎基本が読みやすくまとめられているため、かなりオススメである。

もしかしたら、読書をたくさんしている方にとっては、どこかで聞いたこと、見たことがある内容も多いのではと思う。

が、それを実践出来ているかに焦点を置いて読んで見ていただきたい。

内容としては

・なぜ、いま「自分を高く売る」必要があるのか?

・人を惹きつける「魅力」を身につける方法

・まわりからの「評価が上がる」仕事術

・「応援される人」のコミュニケーション術

・「ビジョン」の描き方で、あなたの値段は変わる

・あなたの「ブランド」価値を上げていく習慣術

と、メンタルの部分から具体的な行動まで、要点を抑えて書かれている。

特に岡崎かつひろさんが起業を通して身につけてきたコミュニケーションやプレゼンテーションの例は勉強になる。

そんな岡崎かつひろさんはきずな出版主催の講演会のパーソナリティーも勤められている。

月に一度の講演会には櫻井秀勲社長や永松茂久さん、井上裕之さん、田口智隆さんなど著名な作者が登壇しており、今後の展開が楽しみでならない。

梅田のTSUTAYAでも講演会を行うなど、著者として好スタートを切っている。

そんな岡崎かつひろさん自身は東京の汐留にオフィスを持ち、新橋では「SHINBASHI」というスタンディングバーを経営している。

昨年には大阪の福島に二店舗目となる「BOOK & BAR 書斎」をオープンさせている。

どちらもわざわざそのお店を目的に人が集まるほどの繁盛店となっており、連日賑わっている。

プライベートでは旅という名の冒険が趣味とのことで、本職はミステリーハンターと本気なのか冗談なのか計りかねるスピーチをするほど、世界中を旅している岡崎かつひろさん。

今後の活動はブログやfacebookで更新されるようなので、こちらもチェックは欠かせない。

TOUCH KNOW ME 祭店【それは酒飲みの聖地】

新橋にはグラビアアイドルが店長をやっているお店がある
そんなことがまことしやかに話題になりつつある
実際のところどうなのかといえば本当の話
それがこのお店、TOUCH KNOW ME 祭店である

 

 

お店は新橋駅烏森口から徒歩30秒のところにある
立ち飲みのお店としては新橋の駅から最短距離に位置してる(おそらく)
連日盛況しているお店をマジで切り盛りしているのが歌手でありグラビアアイドルでもある麻倉まりなさんことえりか店長である
彼女にとってどれも本業だ

 

歌の道を進む中でグラビアアイドルとしてデビューしたのち、人との出会いから店長としてスカウトされたらしい
本店で修行を重ねた後、正式に店長としてお店の切り盛りを始める
お店には週6日はいて発注から焼き鳥の世話まですべてこなす
普通にお店の店長さんだ

その魅力とは

一見するとえりか店長の抜群のプロポーション、歌唱力、焼き鳥の焼き加減のおかげで繁盛しているように見える
が、個人的には店長のすごいところは別にあると思う

 

それは人柄である
新橋の中で最も立地の良い場所にあるお店は初見のお客さんも多い
中には泥酔しているおじさま達もいたりするが、どんなお客さまに対しても分け隔てなく笑顔で対応する
店長がグラビアアイドルだからというだけではなく、常連さんが多いのも納得である

お店だって魅力的!

そんなお店に来たらまずはビールかレモンチューハイで乾杯!
祭店限定の鶏玉はかなりオススメである
焼き鳥も欠かせない
どれも美味しいからやはりすごい

最後に

新橋でまずは一杯、立ち飲みを体験して見たければ、祭店に行ってみよう!

 

#TouchKnowMe #祭店 #新橋 #居酒屋 #立ち飲み #ビール #レモンチューハイ #鶏玉 #焼き鳥 #グラビア #アイドル #歌手 #麻倉まりな #女子会 #オススメ

 

[amazon_link asins=’B00W94KAQO,B06XCNWJHT,B00Q7R7IFA’ template=’ProductCarousel’ store=’touchknowtommy-22′ marketplace=’JP’ link_id=’ff157410-26a7-11e8-91a1-dd6f79702420′]

 

—————
店舗情報

 

店名
Touch Know Me 祭

 

住所
東京都港区新橋3-21-2 丸文ビル 1F

 

アクセス
新橋駅烏森口から徒歩30秒

 

営業時間
17:00~1:00

 

定休日
不定休

TARANGA【それは酒飲みの聖地】

ウィスキーやビールをメインにしたバーは都内でも結構ある
が、ラム酒を多く置いているバーというのは個人的には珍しいと思う
そんなバーが新橋にはある

 

 

SL広場のすぐ近くにある小さな階段を登っていくと、そのお店にたどり着く
中は意外と広く、着席でも20名くらいは入れる大きさなので、入り口とは裏腹に広く感じることができる

 

 

元々お酒に弱かった店長さんがあることをきっかけにお酒を嗜むようになって、一番好きだったのがラム酒だったため、お店を出すときにラム酒を揃えようと思ったらしい
どんな経緯だったかは実際に行って聞いてみよう

 

そもそもこのお店に行くまで、ラム酒がどこのお酒で何から作られているのか知らなかった
ラムコークはよく飲むが、知らないことはまだまだたくさんある
ラム酒は中米、カリブ海のお酒で、原材料は主にサトウキビ
日本では沖縄で栽培されていることで有名だが、
これを使ったお酒は日本では黒糖焼酎くらいしかないらしい
(泡盛はタイ米から作られていることも初めて知った!)

 

 

甘い香りから熱い南の島を思い浮かべ、一口ずつ楽しむ時間も悪くない
そう思えるTARANGAで今夜は一杯いかがだろうか

 

#ラム酒 #新橋 #飲み屋 #中米 #カリブ海 #サトウキビ #大人な時間 #バー

 

———

 

店名
Hideout Bar TARANGA

 

住所
東京都港区新橋2丁目9-7 一鶴ビル3F

 

アクセス
JR線新橋駅日比谷出口より徒歩で1分

 

営業時間
[月~金]
20:00~翌5:00(L.O. 4:30)
[土・日・祝]
20:00~24:00(L.O. 23:30)

 

定休日
日曜日

プロってすごい!

立ち飲みのお店では不思議な出会いが良くある

先日もタッチでマジックを生業としている24歳の男性と知り合っ

初めてプロとしてマジックをしている方のマジックを披露してもらったが、まじかで見てて本当に何が起きているのかわからない!
正直本当に魔法でも使ってるのではないかと思わざる終えない手さばきだった
今後、一緒にイベントなど盛り上げられたら嬉しいなと思う出会いだった

5の法則

何事においてもそれを極めようと思ったら5の法則に従って上達するらしい
時間をかけるとこんな感じで上達するとか
500時:アマチュア
5,000時間:プロ
50,000時間:一流

アマチュアレベル

例えばよく仕事は三ヶ月は続けないと効果が出ないという話がある
1日8時間、平日に仕事をすると
8時間×20日×3ヶ月=480時間
となるので、もう少し頑張ると500時間となるので、ある程度形にはなる計算だ

プロレベル

部活で3年生になると戦力としてまずまずの動きが出来るようになるのもここから来てる
1日4時間、平日の学校終わりに練習し、土日は朝から8時間練習したとする
(4時間×5日+8時間×2日)×52週(約1年)×3年=5616時間
これだけ一つのことをやり込めばその道でプロと言えるくらいには成長するらしい
(ただ、様々な理由からここまで時間をかけないため、中学校も合算して6年程度は必要なのが現実的だが)

一流レベル

では一流を目指すとなったらどの程度時間がかかるのだろう
10年真剣に取り組むことで一流と言えるレベルになって行きたいと思ったとする
50000時間を10年で割ってみよう
50000時間÷(10年×52週間×7日)=約14時間
中々えぐい数字だ
1日集中して14時間没頭すれば10年で一流になれる
おそらくそれはかなりのハードスケジュールになることから、20〜30年かけて一流になる人が多いのだと思う
逆に1日2時間の趣味レベルだとどの程度かかるのだろう
(2時間×5日)×50週(約1年)×100年=50000時間
これもまたシビアな数字である
つまり趣味レベルでやっていても、一流になる前に自分の寿命がきてしまうのだ
そのため、世の中で一流と呼ばれる人はごく僅かとなるのが現実的である
ちなみにマルコム・グラッドウェルさんによるとプロになるには1万時間は必要とも言われている
 何はともあれ、それくらい時間をかけるということは大切なことのようだ
おそらくここで選択が別れるのだ
一流を目指すのか、目指さないのか
これはどちらが良い悪いの話ではない
その人それぞれに正解のある話だ
極めようと思ったら時間はかかるし、時間をかければ誰でも一流になることは出来るとも言える

最後に

私はどうせ生きるなら一流と呼ばれる世界を見て見たい
そういう生き方のほうが面白そうだしエキサイティングだ
誰かに言われて決めるのではなく、自分の意思で進む道は決めていく
そういう大人でありたいと思う
そして今日もまた飲み屋で新たな出会いを見つける道を進むとしよ
#マジック #新橋 #タッチ #感動 #トランプ #飲み屋 #アマチュア #プロ #一流 #道 #選択は人それぞれ

TOUCH KNOW ME (本店)【それは酒飲みの聖地】

新橋の飲み屋をご紹介

西口通りの奥の方にある立ち飲み屋

そこは笑いと出会いを求めて毎日のように人が集まる居酒屋

 

店内は10名程度入ったら一杯になる大きさなのに、金曜日の夜となるとわんさか人が集まる知る人ぞ知る名店

汐留が近いこと、店長さんが元お笑い芸人ということもあり、テレビ局関係者の常連客も多い

ただ、ここはそれだけでは無い

ちゃんと食事、お酒も美味しいのだ

 

まずはビールかハイボールで乾杯

レモンハイ、男梅、お疲れさん、どれもいける

女性にはアールグレイハイが人気が高い

 

食事としてはまずは煮込み

あてに大ぶりのぎんなんはかかせない

あとは鳥玉

人の集まるお店にはどこかいい空気がある

それを体感できるお店

Touch Know Meに行ってみよう!

#TouchKnowMe #新橋 #立ち飲み #居酒屋 #交流 #やっさん #吉本 #芸人 #出会い #美味しい


住所

東京都港区新橋4-18-4

アクセス

新橋駅から徒歩3分

 

はじめてみた!

初めまして

とみーと申します

web系のエンジニアしながら飲みに行ったり、ボルダリングしたり、読書したり

思ったこととか、自分の備忘録とか、雑記していきたいと思っとります

写真とかも一緒に載せれたらいいのかな

最近今更ながらPHPに手を出してみようと思ったり、iOSでアプリ開発してみようとしていたり

覚えたことも書いて行こう

ボルダリングもはじめて行ったとことか、課題とかもかけたらいいね

あと飲み屋!

新橋、赤羽、野毛、福島(大阪)

いろいろ飲みにも行くから、そんなことも書いてこう

今日も1日が楽しみだ♪

 

#ブログ #朝カフェ #桜木町 #作業