大きさの単位 【アホな言葉あそび】

単位の大きさを表す言葉だったものが、他の意味でも使われているケースがよくあるなと思ったことがある
ミリ、キロ、メガ、ギガとかである
ギガはかなり見ることが多くなったと思う
ギガ割、ギガ盛りとかね
そう思うとここらへんの出処もそういうことから来ているのか、少し気になった
先にミリ、キロ、メガ、ギガについてある程度知っている必要がある
これは桁を表す言葉
ミリ:10の-3乗:0.001メートル
キロ:10の3乗:1,000メートル
メガ:10の6乗:1,000,000メートル
ギガ:10の9乗:1,000,000,000メートル
つまりメガとかギガはめっちゃ大きいということ
PCのスペックとかでよく見るね

メガンテ

ドラクエで出てくる呪文の一つ
自らの命と引き換えに敵を弾けさせる自爆系魔法の代表である
この「メガ」は「M」の意味なのだろうか
仮にこれがメガだった場合、「ミリンテ」「キロンテ」もあっていいはず
ちなみに「ギガンテ」は存在する
「ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵」に登場する特技。
連携特技の一つでメガンテと特攻を同時に使うと発動する。
敵全体を瀕死、あるいは即死させることが出来るが、こちらももちろん同状態になってMPも0になる。
では「ミリンテ」「キロンテ」が存在したらどの程度の自爆系魔法になるのだろう
まず「キロンテ」
きっとメガンテの0.001倍の威力
ギガンテが全滅できる威力ってことはキロンテはHPを1%程度削るにとどまる威力といったところか
弱い!!!
人に言い難いことをいう時にはガラスの破片を握って殴るようなものなんだっていうレベルか
問題は「ミリンテ」
ミリは10のマイナス3乗ってことは通常の「ンテ」より小さくなる必要がある
もはや殴るよりダメージは低い
そうするとどちらかというと精神的自爆攻撃である可能性も出てく
髪の毛全部抜ける代わりに相手も髪の毛がすべて抜けるとかそういうのに違いない
これはどちらも得しない

メガマック

たぶん大きいよっていう表現なんだと思うけど、これも「ミリマック」があったらどうなるのか
スプーン一杯に盛られた究極のハンバーガーとかならありうるか!
ハンバーガーで格付けされる芸能人が現れるのもそう遠くないかもしれない

きろろ

今の若い子たちはもう知らないのだろうか
1990年後半にめっちゃ流行ったユニット
懐かしいし、いい曲だったな
彼女たちも実は「キロろ」だったのではないだろうか
そうすると
「メガロ」
これはいたぞ!!
ゴジラに出てくる怪獣じゃないか
きろろが進化するとメガロになるのか
大きさからいっても確かになくはない
新発見に心が震える 笑
「ギガろ」
全く可愛くない!!
でもソフトバンクあたりのキャッチフレーズでありそう
「ミリロ」
レミオロメンっぽい

最後に

日本人の造語は本当に面白い
なんでもイマジネーション次第で言葉にできる
他の国でもこういう遊びはできるのだろうか
他にもこれって実はってあったら教えていただければ嬉しいです

ブログとは 【アホな言葉あそび】

言葉の語源を知っていると役に立つことが多い
それを誰かに話さずとも、それに関わる仕事や話に興味が出るし、理解することができる
そういう理由から言葉の語源を調べることがよくある
知ってる人からすると当然なのかもしれないが、意外と知らずに使っている言葉も多いことに気付く
たとえば「ブログ」
今や一般的に使われているブログという言葉
これはいったい何なのか

 ブロッコリー

中学生のころはブロッコリーあたりから来ているのかと思ってた
ブロッコリーグッド的な
でもこれでは意味が通じない
ブロッコリーがおいしいことを書き込んでもどうしようもない

プログラム

ではなんなのか
父もエンジニアだったこともあり、幼少の頃からパソコンが家にある生活をしていた
その影響か、ある時ふとブログというのはプログラムの一種かと思うこともあった
発音もブログと近いし
文章を書くための「プログラム」を作る言語か何かそういうものかと
そもそもそのときは”言語”という概念すらなかったから、なんかすごいものくらいに思っていた
でもこれも違う
言語は基本的にHTML、cssあたりだし

ブログとは

ブログの語源はインターネットが出来た当初にさかのぼる
そもそも一般的に広く利用されているインターネットとは
「World Wide Web」のことを指していることが多い
サイトのURLにある「www」の元になっている言葉である
当時は世界中とネットを通してやり取りできるものではなく、
サーバー一つ一つで世界が構築されているだけであった
それが世界と広がるようになるとwebページを作るようになる
サイトの登場である
これの変更や評論をまとめて記録するようにしたものが
webを記録(log)するという意味でWeb Logと言われるようになる
これが略されてウェブログの呼び名からブログと呼ばれるようになる
つまりブログとはwebページについて記述したものとなる
これは困った
サイトなんて作ってない

最後に

でもご安心を
今となっては「webを記録する」ことから「webに記録する」という意味になっている
つまりブログとはweb上に残す記録のことであり、内容については何でもいいのだ
肩肘はらず、自分の思考、行動なんでも記録しよう
そういうことから個性が見え、魅力になっていくのだから
※私の個人的な思想で記述してますので、間違ってたらごめんなさいです!
#ブログ #サイト #ウェブ #言葉 #意味

ボルダリングというスポーツ

週末にはボルダリングをしてきた
毎月20〜30人と集まって登りあう
基本半分くらいは初めてのボルダリング
最初はおっかなびっくりに登ってる人も1時間もすれば新しい課題に挑戦している
そういう人の成長が見えるから面白い

ボルダリングはその人そのものが見える
ただの壁ではなく、私にとっては人生に対する姿勢そのもの
そのように見える

最初の課題はほぼ100%誰でも登ることができる
はしごを登るのと同じ原理
その先の課題も登れる人が多い
ここから辺からそれぞれの課題が見えてくる
どこかで躓く、うまくいかない
そういう時にどうするかをよく見てる

ある人はできないといってできる課題を見つけに行く
ある人はできないといってみんなの後ろに回る
ある人はできないといって笑みを浮かべてもう一回と挑戦する

どの生き方も自由だし、正解だと思う
私だってできない課題よりできる課題のほうがやるのは楽
私だってできない課題より後ろで見ているほうが楽

ただ思うのは、
きっとできない課題に思わず悔しそうに笑みをこぼしてしまう人は
きっと人生の課題にも思わず笑みをこぼしながら解決していくのだろう

私もどうせならそういう生き方のほうがいいと思う
困難多き、課題多き、達成にあふれる毎日のほうがワクワクしてしまうから

#ボルダリング #生き方 #課題 #挑戦 #達成 #ワクワク