なぜ、あの人は『お金』にも『時間』にも余裕があるのか?【書評】

9割の人が間違えている「働き方」と「お金」の関係性

働き方とお金の関係性について深く考えたことはあるでしょうか?
私は働き始めた当初、まじめにより多くの時間働き、成果を出せばより多くの給料が頂けるものと心の底から信じてました。
親が結構出世している家庭で育ったこともあり、そういうものと何も疑うこともなく。
今となっては知識と経験が足らなかったし、考えることを避けていたのだと思います。

編集の神様と言われる櫻井秀勲さんが会長を務めるきずな出版から4冊目となる著書「なぜ、あの人は『お金』にも『時間』にも余裕があるのか?」の中で筆者の岡崎さんも同じような経験をしてきたとおっしゃっていますし、同じような経験をしてきた、している方も多いのではと思います。
しかし、これまではそれでよかったものの、現代ではその価値観と情勢があってきていないため、ルールを知る必要があるようです。

真面目に働くだけでは豊かにはならない

本書で筆者が伝えたいことの一つは真面目に働くだけでは豊かにはならないということ。
努力はもちろん大切なことではありますが、それをどの仕組みの上で行うかも大事と筆者は伝えています。

速く東京から大阪に行くためにランニングを練習するなら、車の乗り方を学んだほうが速いですし、いまなら電車や飛行機などを使ったほうが速くつきますよね。
さらに、大阪にいる友人と話がしたいということなら、スカイプなどを使えるようになってネットを介して連絡を取れば、移動すら必要なくなるかもしれません。

どのような結果を得るために努力をするのか、そのルールを知った上で、経済的、時間的に自由な生き方を選択できるようになるために大切なことをわかりやすく書かれているのが本書になります。
もし、仕事をしていて何かもやもやする方、正直そういうことを考えるのも嫌!という方は一度手に取ってみる価値がある一冊です!

「なぜあの人は余裕があるのか。」との関係性

本書のタイトル
「なぜ、あの人は『お金』にも 『 時間』にも余裕があるのか?」
を聞いたときに、よく読書をされる方は「どこかで聞いたような」と思った方も多いはず。
その理由は中谷彰宏さんの著書「なぜあの人は余裕があるのか。」と似ていることに起因しているかと思います。
この関係性について岡崎さん本人に聞いてみたところ以下のようにお答えいただけました!

今回の本は実は最後の最後まで別のタイトルだったんです。
それが、あまりにも直接的なメッセージすぎたので、変更することになりました。
このときに中谷先生の本を意識することはなく、編集者の方と相談する中でこのタイトルに決まっていったんです。
出版が近づいたある日、自分の本のタイトルを何気なくネット検索してみたときに、中谷先生の本が一番最初に出てきて、「そういえば似ている!」と気づきました。
印刷も始まっていたので、そのままいくことになりましたが、中谷先生のようなベストセラー作家になるようにこれからも頑張っていきたいですね。

岡崎かつひろさんへのインタビュー

直前までのタイトルがどのようなものだったのか、気になる方はぜひ岡崎さんに直接会って感想と共に聞いてみてはいかがでしょうか!
本人がメインパーソナリティを務めるきずな出版の定期講演会が月に一度開催されていたり、大崎や梅田のTSUTAYAさんでも講演会が開かれていることもあります。
チャンスを自ら掴み取り、より具体的な行動を起こしていきましょう!

追記

本書の売れ行きが非常に良いらしく、Amazonの「ビジネスライフ (本)」ランキングで常にトップテン入りしているらしいです!
すごいですね♪
重版も決まったらしいので、まだまだ勢いは衰えそうにありません!

いまの職場、ラスト3ヶ月【書評】

1万円をリアルにシュレッダーにかけたことがありますか?

とても衝撃的な話題からスタートします。ドキッとしますよね。

もちろん私も1万円札をシュレッダーにかけたことはありません。

が、本作を読むと、自分にとっての価値そのものを見直すいい機会になることは確かだと思います。

命の数値化

1万円札をシュレッダーにかけたことはありませんが、いまの時間の使い方はそうなっているかもしれません。

そう総警鐘を鳴らすのが、本作の著者である渋谷文武先生。

北海道を拠点として就活コンサルや著者として活動されております。大学などでも精力的に講演活動をされており、 2019年4月にはきずな出版定期公演会でも登壇されている超認識講師です!

そんな渋谷先生は超多忙な中でも多くの方と話し、寄り添うことができるほどの余裕もお持ちに感じることができました。

それは時間の使い方に違いがあるのだと思います。

仕事量の増やし方

仕事と聞くと嫌な感じがする方も多いかもしれませんが、自分にとって効果的なことをすることととらえてもらえればよいと思います。

そんな時間をどう増やすのか、著書の中にあるこんな言葉が勉強になります。

いまからやる。毎日やる。3か月やる。それが正解です。 毎日5分でもOKです。とにかく、いますぐやってください。

いまの職場、ラスト3ヶ月

あれこれ悩んでいる時間がもったいないとのこと。仕事のできる人は判断も対応もとにかく速いですよね。とにかく毎日少しでもいいから続けることが大切とのことです。

本当にできるのか、あとでやろうかな、いろいろ考えることがありますが、結局今すぐやったほうが早いんですよね。

自分も気を付けようと思っていることの一つです。

コミュニティの作り方

渋谷先生はとても人とのつながりを大切にする方としても有名です。

元々は人とのかかわりが苦手だったとおっしゃっていましたが、一つずつ工夫をすることで解決したとおっしゃっていました。

本の中でもこう話されてます。

いつでもできる。いつでも会える。そんな思いが無意識にあるから、私たちは適当に人と接するし、仕事もするようになるのです。

いまの職場、ラスト3ヶ月

ついつい目の前にいる人はいつまでもそこにいると思ってしまいがちです。

が、しかし、そんなことは永遠に続きません。その瞬間、その瞬間を大切にし、集中していきたいと改めて思い、行動を改める機会になりました!

さいごに

自身の経験から時間の大切さを真摯に語られる渋谷先生は本当に魅力的な方でした!

まだ読んでいない方は本作を一読することオススメします。

これからも応援し、注目していきます!

癒しの力【書評】

癒しと聞くと少し漠然としそうですが、読み進めていくとより具体的に、「癒し」という概念を問い直すことが出来ました♪

世間的には癒されたい、癒してほしい、欲しい、ホシイと言いがちですが、
誰かを癒したい、癒される人になりたいという話をあまり聞かないのは何故なのでしょうか
個人的に癒されるのはアニメなので、一人の時間が最近は一番の癒しなわけですが、これも普段から様々な方と関わり、お世話になっているからこその癒しなのだと思います

誰かを癒す存在になれたら、そんなパワースポットになれたら、そう思ってならない一冊です!

#癒しの力 #望月俊孝 #本 #読書 #書評 #成功 #時間 #お金 #コントロール #岡崎かつひろ #岡崎勉明 #自分を安売り#今すぐやめなさい #講演会 #きずな出版 #オススメ

[amazon_link asins=’4866630264′ template=’ProductCarousel’ store=’touchknowtommy-22′ marketplace=’JP’ link_id=’1e7f4a83-42e6-11e8-930d-193b66bb7328′]