なぜ、あの人は『お金』にも『時間』にも余裕があるのか?【書評】

9割の人が間違えている「働き方」と「お金」の関係性

働き方とお金の関係性について深く考えたことはあるでしょうか?
私は働き始めた当初、まじめにより多くの時間働き、成果を出せばより多くの給料が頂けるものと心の底から信じてました。
親が結構出世している家庭で育ったこともあり、そういうものと何も疑うこともなく。
今となっては知識と経験が足らなかったし、考えることを避けていたのだと思います。

編集の神様と言われる櫻井秀勲さんが会長を務めるきずな出版から4冊目となる著書「なぜ、あの人は『お金』にも『時間』にも余裕があるのか?」の中で筆者の岡崎さんも同じような経験をしてきたとおっしゃっていますし、同じような経験をしてきた、している方も多いのではと思います。
しかし、これまではそれでよかったものの、現代ではその価値観と情勢があってきていないため、ルールを知る必要があるようです。

真面目に働くだけでは豊かにはならない

本書で筆者が伝えたいことの一つは真面目に働くだけでは豊かにはならないということ。
努力はもちろん大切なことではありますが、それをどの仕組みの上で行うかも大事と筆者は伝えています。

速く東京から大阪に行くためにランニングを練習するなら、車の乗り方を学んだほうが速いですし、いまなら電車や飛行機などを使ったほうが速くつきますよね。
さらに、大阪にいる友人と話がしたいということなら、スカイプなどを使えるようになってネットを介して連絡を取れば、移動すら必要なくなるかもしれません。

どのような結果を得るために努力をするのか、そのルールを知った上で、経済的、時間的に自由な生き方を選択できるようになるために大切なことをわかりやすく書かれているのが本書になります。
もし、仕事をしていて何かもやもやする方、正直そういうことを考えるのも嫌!という方は一度手に取ってみる価値がある一冊です!

「なぜあの人は余裕があるのか。」との関係性

本書のタイトル
「なぜ、あの人は『お金』にも 『 時間』にも余裕があるのか?」
を聞いたときに、よく読書をされる方は「どこかで聞いたような」と思った方も多いはず。
その理由は中谷彰宏さんの著書「なぜあの人は余裕があるのか。」と似ていることに起因しているかと思います。
この関係性について岡崎さん本人に聞いてみたところ以下のようにお答えいただけました!

今回の本は実は最後の最後まで別のタイトルだったんです。
それが、あまりにも直接的なメッセージすぎたので、変更することになりました。
このときに中谷先生の本を意識することはなく、編集者の方と相談する中でこのタイトルに決まっていったんです。
出版が近づいたある日、自分の本のタイトルを何気なくネット検索してみたときに、中谷先生の本が一番最初に出てきて、「そういえば似ている!」と気づきました。
印刷も始まっていたので、そのままいくことになりましたが、中谷先生のようなベストセラー作家になるようにこれからも頑張っていきたいですね。

岡崎かつひろさんへのインタビュー

直前までのタイトルがどのようなものだったのか、気になる方はぜひ岡崎さんに直接会って感想と共に聞いてみてはいかがでしょうか!
本人がメインパーソナリティを務めるきずな出版の定期講演会が月に一度開催されていたり、大崎や梅田のTSUTAYAさんでも講演会が開かれていることもあります。
チャンスを自ら掴み取り、より具体的な行動を起こしていきましょう!

追記

本書の売れ行きが非常に良いらしく、Amazonの「ビジネスライフ (本)」ランキングで常にトップテン入りしているらしいです!
すごいですね♪
重版も決まったらしいので、まだまだ勢いは衰えそうにありません!

伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術【書評】

自分のしぐさって意識してますか?
人のしぐさを見ていると、その特徴(癖)に気づくのに、自分となると人に言われないと気づかなかったりしますよね。

そんな自分がどう人に伝わっているかを書いた著書が荒木シゲル先生の「伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術」です!

パントマイムからCGアニメーションのモーションまで

荒木先生はパントマイムなどの体を使った表現におけるスペシャリストの方です!
イギリス王室の御前でのパフォーマンス経験もあるんだとか。
すごいですよね!

現在は「魅力的に見せるしぐさ」、「人から信頼を得るふるまい」など、非言語コミュニケーション表現の解説と指導を専門としていらっしゃいます。

私も先日行われたVRSionUp!5 特集「kawaiiムーブ研究」の会場で初めてお話させて頂きました。
当日はツンとデレの表現の違いや男性的、女性的な振る舞いについてのミニワークショップを行っていただき、とても興味深く面白かったです!

伝わる表現

本書の中でまず言われているのが相手に気持ちが伝わらなかったとしても、それは相手に責任はないということです。
コミュニケーションがうまくいかないと、ついつい伝わらないことに憤りを覚えたり、焦りを感じたりしてしまいますよね。

受け手も相手を理解しようと努めるに越したことはないのですが、あくまで伝える側を主体的に考えた時、何にせよ相手にわかるように伝えなければ意味がありません。「なんでわかってくれないの!?」と責め寄るより相手にどうしたら伝わるか工夫すべきだと思います。

伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術

伝え方には言語で行う言語表現(バーバルコミュニケーション)と言語ではない体や声質などで行われる非言語表現(ノンバーバルコミュニケーション)があることを認識しておく必要があります。
言語表現が同じでも、それ以外の部分から人は感じ、判断しているんだとか。
誰に言われるか、いつ言われるかによって受け取り方も違いますもんね。

つまり、伝えたいことがあるときには何を言うかも大事ですが、それ以上に立ち振る舞いや相手との関係性も考えて伝えることが大事ということになります。

その大切な人の関係性を本書では”ステイタス”として紹介されています。

ステイタスを味方につける

ステイタスとは主に即興劇で使われる専門用語で、出演している登場人物の関係性を表すものです。

例えば、王様、王女様や貴族などはステイタスが高いのに対し、平民や旅人などはステイタスが低い傾向があります。
つまり、ステイタスが高いほうがその場では相手を支配できる立場にあるということになります。
これを現実世界でもコントロールし、伝えやすい状況を作り出したいですよね!

ステイタスを意図的に高くしたり、低くすることで表現に幅が生まれます。
また、その場に適したステイタスもあるため、空気が読める人になることもできるんだとか!

そんなステイタスを心得た表現の仕方についてはぜひ本書をお読みください♪

さいごに

コミュニケーションはどんな人にも必須といえる技術かと思います。
私もセミナーなどで学んではいましたが、より深く自己表現について学べた一冊でした!
荒木先生はSchooでも講座を持たれているので、こちらも要チェックです!

稲葉崇志先生のオフィスがカッコよすぎる件について

著者の方のオフィスに伺う機会ってありますか?
私もほぼまだ経験はありません。
が、先日ついにその機会が訪れたのです!

出会いとチャンスは突然に

『社内プレゼン一発OK!「A4一枚」から始める最速の資料作成術』という本の著者である稲葉崇志先生のオフィスに伺う機会を頂きました!
実は以前、毎月参加している東京社会人アカデミーの懇親会でお会いしたことはあり、とても素敵な方だなーとは思っていたのです。
友人が著書の書評を書いたことをきっかけに先生と知り合い、オフィスに遊びに行けると聞いて私も同行させて頂きました♪

先生の本はとてもわかりやすく、社会人一年目の時に出会っていたらどれだけ助かったことかと思うほど。
私も書評をあげてますので、興味がある方はそちらも読んでもらえたら嬉しいです☆

先生のオフィスは銀座にある有名近代建築、中銀カプセルタワービルにあります!
この建物、ご存知ですか?

中銀カプセルタワービルとは

中銀カプセルタワービルは有名建築家、黒川紀章が設計した昭和を代表する建築物です。
世界で初めて実用化されたカプセル型の集合マンションとして世界から注目され、映画などにも多数起用されています。
現在は老朽化が進んでいるため、かなりノスタルジックな雰囲気が出ているビルに稲葉先生はオフィスを持たれているのです。
それもあって、オフィスに来られる方も多いらしいです♪

実際行ってみた

マンション内は独特の空気感があり、時代を感じる作り、場所が多かったです!
いくつか写真でご紹介

ビルの名前はカフセルタワーヒル?
入り口は重厚な扉
カプセルごとに独立してます
中は螺旋状の階段です
電気メーターもノスタルジック!
カプセルの隙間から差し込む光

稲葉先生のオフィスはかっこいい!

先生曰く、オフィスというより書斎とのこと
確かにわかる!
しかも書斎と言った方がなんかワクワクするのは男の子だなって思います☆
これも写真でご紹介!

椅子すごいですよね
自分もオフィス持ったら、いや、書斎を持ったらどんな部屋がいいか、具体的にイメージできる機会になりました!

サインももらっちゃいました!

TSAで稲葉先生と握手!

稲葉先生は8月のTSAの講師でもあります!
人事のプロである稲葉先生が独立した経緯や今後の働き方について講演していただけるんだとか!
ちなみに独立した経緯などは岡崎かつひろさんのHimarayaチャンネルでも話されています。

最近岡崎さんが初めてYoutubeチャンネル「かっチャンネル」でも拝聴することができます!

どちらも要チェックです!