伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術【書評】

自分のしぐさって意識してますか?
人のしぐさを見ていると、その特徴(癖)に気づくのに、自分となると人に言われないと気づかなかったりしますよね。

そんな自分がどう人に伝わっているかを書いた著書が荒木シゲル先生の「伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術」です!

パントマイムからCGアニメーションのモーションまで

荒木先生はパントマイムなどの体を使った表現におけるスペシャリストの方です!
イギリス王室の御前でのパフォーマンス経験もあるんだとか。
すごいですよね!

現在は「魅力的に見せるしぐさ」、「人から信頼を得るふるまい」など、非言語コミュニケーション表現の解説と指導を専門としていらっしゃいます。

私も先日行われたVRSionUp!5 特集「kawaiiムーブ研究」の会場で初めてお話させて頂きました。
当日はツンとデレの表現の違いや男性的、女性的な振る舞いについてのミニワークショップを行っていただき、とても興味深く面白かったです!

伝わる表現

本書の中でまず言われているのが相手に気持ちが伝わらなかったとしても、それは相手に責任はないということです。
コミュニケーションがうまくいかないと、ついつい伝わらないことに憤りを覚えたり、焦りを感じたりしてしまいますよね。

受け手も相手を理解しようと努めるに越したことはないのですが、あくまで伝える側を主体的に考えた時、何にせよ相手にわかるように伝えなければ意味がありません。「なんでわかってくれないの!?」と責め寄るより相手にどうしたら伝わるか工夫すべきだと思います。

伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術

伝え方には言語で行う言語表現(バーバルコミュニケーション)と言語ではない体や声質などで行われる非言語表現(ノンバーバルコミュニケーション)があることを認識しておく必要があります。
言語表現が同じでも、それ以外の部分から人は感じ、判断しているんだとか。
誰に言われるか、いつ言われるかによって受け取り方も違いますもんね。

つまり、伝えたいことがあるときには何を言うかも大事ですが、それ以上に立ち振る舞いや相手との関係性も考えて伝えることが大事ということになります。

その大切な人の関係性を本書では”ステイタス”として紹介されています。

ステイタスを味方につける

ステイタスとは主に即興劇で使われる専門用語で、出演している登場人物の関係性を表すものです。

例えば、王様、王女様や貴族などはステイタスが高いのに対し、平民や旅人などはステイタスが低い傾向があります。
つまり、ステイタスが高いほうがその場では相手を支配できる立場にあるということになります。
これを現実世界でもコントロールし、伝えやすい状況を作り出したいですよね!

ステイタスを意図的に高くしたり、低くすることで表現に幅が生まれます。
また、その場に適したステイタスもあるため、空気が読める人になることもできるんだとか!

そんなステイタスを心得た表現の仕方についてはぜひ本書をお読みください♪

さいごに

コミュニケーションはどんな人にも必須といえる技術かと思います。
私もセミナーなどで学んではいましたが、より深く自己表現について学べた一冊でした!
荒木先生はSchooでも講座を持たれているので、こちらも要チェックです!

言いなりの人生は”いますぐ”やめなさい【書評】

人生の主導権を握れ!

幼少のころから親に育てられ、生きていく中で、どこかで自立する日が来ると思っている。

いつが自立になるのだろうか。

親元を離れたとき?

就職したとき?

結婚したとき?

子供ができたとき?

考え方は人それぞれにせよ、自分の人生の主導権を握り、人生の行き先を自分で決められる人になることが、自立の第一歩だと思っている。

この人生の主導権を握るために大切なことや必要なこと、また、そうなっていない人の状況について書かれているのがこの一冊である。

なぜ、言いなりの人生になってしまうのか?

育つ環境によるところも多いが、小さいころから自己決断をせずに、誰かの決断によって生きてしまうと、大きくなってからも当然のように自己決断はできなくなる。

人はしてきたこと、やってきたことを強化してできるようになるため、やらないということをし続けるとやれない人になっていくもののようだ。

つまり、言いなりとして生きているうちは言いなりの人生に必然的になってしまうのである。

これを脱出するためには自分で考え、自分の判断で行動することを覚えなくてはならない。

自由に生きるために、何を選択するべきか

ではどのように選択をしていくことで言いなりの人生から卒業できるようになるのだろう。

様々な要因が考えられるが、本書を読む限りでは、どのようになりたいかというゴールやこうなりたいという師匠、メンターの判断基準に合わせて選択することが大切らしい。

自分の判断は結局今までの強化の積み重ねでしかないため、その判断基準から脱却するためには、自分の判断とそうでない人の判断の差を知ることが必要となる。

この先は本書をぜひ読んでみてほしい。

講師としての著者

著者の岡崎かつひろさんは講演会やセミナーの講師として評判が高い。

岡崎さんがパーソナリティを務めるきずな出版の定期公演会は毎回1000人近くの若者が集まり、著者の方々などから多くの学びを得ている。

HimarayaやSchooなどのネット配信の音声チャンネルも人気である。

自分を安売りするのは”いますぐ”やめなさい|himarayaチャンネル

どの講義でも一貫してマネできるように、一般的な話に置き換えて話をされるのがすごいところ。

一見一度聞けばいいように思えるくらい簡単な話に聞こえるのである。

これを実践できるかという観点から聞いてみると、なかなか面白いものである。

旅人としての著者

相変わらず冒険家、旅人としても各国を回っている。

先日はマニラに行ってきたようだ。

元々は旅行がそこまで好きではなかった著者も、自身の幅を広げるため、弟子たちに世界を見せるため、まずは自分が旅して回っているとのこと。

そんなカッコいいこと言ってみたいものである。

ダイエッターとしての著者

本にもたびたび出てくるが、岡崎さんはダイエットをよくしている。

ランニング、ボクシング、バク転、気になったこと、やりたいことはまずやってみる性分らしい。

問題は食事も好きだから、気を付けないとすぐに戻るところ。

完璧超人ではないところを垣間見る瞬間である。

まとめ

言いなりの人生を卒業し、自由に生きるため、まずは本書を読み、いい師匠と出会い、いい環境で自己成長をしていこう!